遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

ゲーム ★★★★☆

【感想/レビュー】 信長の野望・創造PK

更新日:

どうもこんにちは、歴史SLG大好きなPeterです。

 

本日レビューするのはこちら。

 

 

信長の野望 創造 with パワーアップキット。

こちらは三国志13と違い無印もプレイしたのですが、つまらなかったこと以外はよく覚えてないので割愛します(笑)

 

機種はパソコンでプレイ。
顔画像取り込み機能があるんで、信長の野望シリーズはパソコン一択ですね。

有志が本編に溶け込むようなクオリティの高いイラストをアップしてくれてたりするので、
登場していない史実武将の補完に大変役立ちます。

 

スポンサードサーチ

どんなゲーム?

コーエーにとっての顔良と文醜と言うべき二大SLGの(以下略

プレイヤーは一つの大名家を操作し、自国を天下統一へと導くのが目標となるゲームです。

 

ゲーム内の進行は内政パートと合戦パートに分かれており、
内政パートでは時間が進まずじっくり指示を出すことができます。

合戦パートはセミリアルタイムで進行。
一時停止ができるので焦らず采配を執ることができますし、早送りも可能なのでテンポも良し。

 

合戦は全国マップ上では移動先の指示を除けばほぼ自動で進行しますが、
接敵時に選択できる 会戦 を選択すれば細かい指示を出せるようになり、
プレイヤーの手腕によっては不利な状況も覆すことができることも・・・あるかもしれません。

弱小大名プレイには興味ないんで、あんまギリギリの合戦を経験したことがないのです。

 

 

良い点

武将のグラフィック、音楽が素晴らしい

これは三国志同様。

もうこのイラストだけで売りになっちゃうぐらい素晴らしいですね。
一部有名武将は年齢によってグラフィックが変わります。

郷土の英雄で尊敬している石田三成公に、髭を生やし顔つきも凛々しくなったグラフィックが追加。
やったぜ!

 

音楽も良い曲が多いです。
北条家の固有BGMが好き。

 

新システム・戦国伝が最高

これを本作で一番評価したい。
こんなのが欲しかった!

条件を満たすことで発生する史実を再現した連続イベントで、
提示されたクリア条件を達成していくと史実に近い展開にもっていくことができます。

 

織田家などはこれに従って進めていると史実通り、破竹の勢いで勢力拡大します。

 

イベント任せなんざ気に入らねえ! 俺は自分の力で天下目指すんだ!

って人もご安心を。
進める進めないはプレイヤー次第ですので、いつも通りの感覚でプレイすることもできます。

 

戦国伝で島津家久がピックアップされている

個人的に大好きな武将の一人なんで、彼に関するイベントが細かく再現されているのは好ポイント。

 

家久が大活躍した沖田畷の戦いや戸次川の戦いもバッチリ網羅、しかもムービーで再現。
更に突如夭折し、兄弟を悲しませるイベントまであるという超優遇っぷり。

島津氏が九州全土をほぼ掌握するに至る原動力となった、島津家の軍神と言っていい武将なので
彼の活躍にこれだけ陽の目が当てられているのは嬉しいですね~。

 

いずれも数的不利な状況の中で、大名を3人も討ち取るという離れ業をやってのけた怪物ですからね。
(うち1人は正確には大名のタマゴですけど)

 

私が同シリーズで初めて遊んだ ”嵐世紀” ではえらい弱かったので、今回の抜擢には感慨深いものがあります。

 

 

内政が楽しい

城ごとにいくつか用意されている区画を使って、農地だとか商用地だとか自分の目的に合う系統の施設を建てていくんですけど、
周辺区画の特定施設をブーストする施設なんかもあったりして結構奥が深い。

各施設に投資していくことで収入アップは勿論のこと、上位施設にアップグレードできるようになるのですが、
分岐があってそれぞれメリットの異なる上位施設の中から選んで発展させていくことができます。

効率を追求した街造りをしようとすると結構、あれこれ配置を考える必要があるんですよね。

 

 

全ての城を落とさずともクリア可能

後半はただの作業になりやすいというのが本シリーズの欠点でしたが、
今作では二条御所を手中に収め、ある程度の領土(本城を半分ぐらい?)を持てば
惣無事令を発することができるようになり、その場でクリア可能になりました。

 

 

軍団機能が便利

勢力が大きくなってきたらいくつかの拠点をまとめて軍団とし、
味方武将に委任できるのですが、これが結構賢くて役に立つ。

少なくとも領土拡張に関しては石橋を叩いて渡る私よかよっぽど効率よく動いてくれます。

 




 

悪い点

地方スタートが無理ゲー

これは良い点でもあるんですけど、昔の作品のように大量の兵士を自在に移動できるんでなく、
城ごとに兵数が紐づけられる仕様に変わってるんですよね。

 

そして兵数は色々細かい要素も絡むものの、大まかには人口から算出されるために、
基本的に平野部の多い=人口の多い近畿や東海地方に所領を持つ大名家がかなり有利。

山間部の多い田舎大名は兵数が伸びにくく城も少ないので圧倒的に不利なのです。

 

最上氏で始めて、人口が多く有利な関東平野を所有する北条氏を長い時間かけてなんとか下し、
関東~東北に一大勢力を築いた頃には本州の駿河以西+四国全土が織田家のものになっており、
もうどうしようもない状況になっておりました。

 

局地戦で勝っても次から次へと遠方から後詰がやってきて、相手は常時数十万の軍勢を展開しているような状態ですからね。

こうなるとエディタで自分有利に数字いじらない限り、どうしようもないんじゃないかなぁ。

 

 

CPUの内政が適当すぎ

奪い取った城が狩場と米問屋で埋め尽くされてるのは一体何なのか。

まともな街に作り直すのが面倒です。

 

 

戦法エディットが欲しかった

以前の記事で三国志13をこき下ろしましたが、音楽やグラフィック以外で唯一良かったのが戦法エディットがあったことなんですよ。

張遼には ”遼来来” など武将の異名や活躍に由来する技名をつけて遊んでいたんですよね。

本作でも同じことをしたかったなぁと。

 

”笹の才蔵” とか ”坂東太郎” とか中途半端に個人の武名に由来する技名がいくつか含まれてるから尚更。

名人久太郎とか鬼武蔵とか作らせてくれ!!!!

 

 

イベントのセリフがおかしい

今までの作品では気にしたことなんて無かったんですけど、
なんか今回の作品は史実イベントのセリフが妙に爽やかっていうかさぁ、少年漫画みたいっていうかさぁ。

とにかく違和感が半端ない。

 

例えば桶狭間の戦いでは義元が死ぬ時、信長に

「お前はこの私を超えたのだ。並の男として終わるなよ・・・フッ」

みたいなこと言うんですよ。

 

ゲーム的なアレンジ加えてドラマっぽさを増すのは別にいいけど、
もうちょいマシな内容にできなかったのかな~って。

 

 

まとめ

悪い点で挙げた項目は地方スタートが難しすぎるのを除けば、
まあどうでもいいっちゃあどうでもいい内容ですし、信長の野望の中では上位に位置する面白さを持っていると思います。

戦国物のシミュレーションっていったら数が非常に少ないのもありますけど、
とりあえず本作を迷わずおススメしときます。

 

余談ですけど私がシリーズで一番好きなのは天下創世です。
2019年3月時点で最新作である大志は、PK入れても評判めっちゃ悪いんで様子見中。

 

 

-ゲーム, ★★★★☆
-, ,

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.