遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

★★★★★ ゲーム

【ゲームレビュー】 ロマンシング サ・ガ2

投稿日:

はい、こんばんはー。Peterです。

 

 

本日レビューしたいのはこちら。
今なお根強い人気を誇るシリーズの第2作目、
スーパーファミコン(以下SFC)で1993年にリリースされたロマンシング サ・ガ2

 

このロマサガ2かLIVE A LIVE、マナケミアのいずれかが恐らく人生で最もやり込んだJRPG。
洋ゲー入れればプレイ時間最長は多分スカイリムです。

 

この辺のレビューもその内。
では本題へ、Let’s go!

あ、ネタバレたっぷり含んでるからご注意を。

 

スポンサードサーチ

どんなゲーム?

SFCで発売され今なお根強い人気を誇るロマンシング サ・ガ シリーズの第2作目。

1と3が複数いる主人公の中から1人を選ぶ形式なのに対し、本作で選べるのは名前と性別のみ。

モンスターの脅威により荒廃した大陸を統一し、平和にしたいと願う辺境にある帝国の皇帝・レオン。
彼が息子と治安維持のためにモンスター討伐に赴くところから物語は始まります。

物語の長さはゲーム内時間で千年以上に及ぶため、
進行に合わせて適時プレイヤーキャラクターが変わっていくというシリーズの中では異色の作品。
後述する凝った舞台設定も相まって、正に大河ドラマとでも言うべき重厚さを持っています。

 

そうそう、今ではすっかりサガシリーズの代名詞となった ”閃きシステム” は本作が初登場なんですよ。

 

良い点

シリーズ内で最も魅力ある舞台設定

ロマサガ2を語るにあたって外せないのはやはりその世界観、舞台設定。
1と3がストーリー面に関しては結構投げっぱなしなのに対してこの2のみ、細かく作り込まれています。

 

とはいえこの2も断片的に提示される色んな情報を集めることで話が見えてくるので、
気にせずただクリアしただけではよく分からないまま終わってしまうかもですね。

忘れられた町を見逃してしまったら、ロックブーケが探していた塔とか、
普通にプレイしていただけでは違和感しか感じない、
世界観にそぐわぬ ”次元転移装置” という単語やら意味不明なんじゃないかなと。

 

 

七英雄がただ倒すべき悪なのではなく悲しい存在であることや、
プレイヤー(アバロン帝国)にとって救世主としか思えないオアイーブが実は・・・とか、

そもそも物語の本筋は古代人と七英雄との確執であって、主人公たちは古代人に代理戦争をさせられているだけ、っていう。

設定や様々な台詞を繋ぎ合わせることでこの全貌が見えてくるわけですが、ゲーム内では深くは語られません。
皇帝(主人公)が七英雄を倒して世界に平和が訪れましたという、一見すると幸せな終わり方なんだけど、
結局は古代人の掌の上で踊らされていただけであることに気付くと、ホロっとくるエンディングも何だか後味悪く感じてしまいます。

閃きシステム

これ考えた人は天才だと思う。

RPGの技っていったら従来はレベルアップだとかイベントで覚えるのが当たり前だったんですけど、
本作では戦闘中にランダムに閃きます。
ピローンという音と共にキャラの頭上に豆電球が表示された時の嬉しさったらもう。

まあ実はキャラごとに閃くことのできる技は決まっているので、完全ランダムというわけではないんですけどね。

 

基本的に通常攻撃でなければ閃きは発生しませんが、一部に特定の技を使うことでのみ閃くことができる派生技も存在します。

 

1周だけでは遊び尽くせない豊富なイベント群

とにかく当時としては膨大な数のイベントが用意されている上に、
プレイヤーの選択次第で展開や結末も色々変わってきます。

普通に進めていてはなかなか見られないようなイベントもあったりしますんで、
全イベント網羅しようと思うとかなりやり込めますね。

 

モンスター怖すぎ!

前作もなんですけどロマサガシリーズのモンスターの気持ち悪さは当時は衝撃的でした。

特に今作のラスボスである七英雄の不気味さは今見てもヤバい。

心臓のような肉塊に7人の体がゴテゴテくっついてるという、この上なく不快で気味悪いデザイン(褒め言葉)は、
小学生だった当時、夢に出てくるほどでした。

 

リマスター版ではウネウネ動くアニメーションが追加され、怖さに更に磨きがかかっています。

 

 

悪い点

進行不能になる恐れあり

バグじゃあないんですよ。

 

本作ではラスボスの手前まで行くと引き返せなくなります。

一応、主人公がラスボスが待つ階段を登ろうとした際に
この先は引き返せなくなるぞ とプレイヤーに忠告してきますが・・・。

階段に足を踏み入れた後に引き返そうとすると、

逃がさん・・・お前だけは・・・

という怖いメッセージが表示され、帰り道を阻まれてしまいます。

 

つまり、もし階段の先でセーブしてしまったら、
そしてもし、ラスボスを倒せるだけパーティが育っていなかったら・・・
はい、データ消して最初からやり直すしかないんです。

子供のころやっちゃいましたともよ。今となっちゃ良い思い出。

 

ラスボスの強さ

ぶっちゃけしっかりと対策すればそんな強くないんですけど、
ラスボス以外は物理のごり押し(苦労はするけど)でどうにかできちゃうバランス。
なので余計に強さが際立ってるんじゃないかなと。

悪い点に挙げていますけど個人的には全然問題ありません。

敵の行動を完全に封じるチート術・クイックタイムという救済も用意されてますしね。

 

クイックタイム抜きで倒したいなら、
天術のソードバリア、火術のリヴァイヴァ、水地の合成術・エリクサーあたりあれば余裕です。
アストラルゲートによる事故が恐いけどこれも精神防御効果のある装備品や、
リヴァイヴァでどうとでもできます。

 

つまり、このゲームの術はめちゃくちゃ強いからしっかり使うべし。

補助面だけでなく攻撃面でも、火天の合成術であるクリムゾンフレアは祝福と併用することで、
トップクラスの火力をたたき出すことができます。

 

ジェラール関連のイベントがもう少し欲しかった

アバロン帝国の中興の祖と言っていいジェラール。
世代交代したら自由に選べる他の皇帝同様にそれっきり、というのは寂しい。

退位とか、後の年代で彼の功績を振り返るようなイベントとか何か欲しかったなぁ。

 

 

リマスター版について

本作はSFCとは別にスマホをはじめ色んな機種で発売されたリマスター版が存在します。
以下にリマスター版の特徴を列挙しておきます。

・モンスター含むキャラクタードット以外(背景など)のグラフィックを一新。
 七英雄や竜系などの大ボスにはアニメーションが追加されています。

・新たに忍者と陰陽師、2つのクラスを追加。

・七英雄の謎に更に迫ることのできるダンジョン、ボスの追加。

・装備品も多数追加。1に登場した神々の武器も登場しますが、残念ながら夢想弓などの固有技の再現は無し。

 

新クラス、新装備品共に追加ダンジョンで加入・入手できます。

忍者は体術を使わせれば最終皇帝を除くと最強。かなり頼りになるクラスです。
反面、陰陽師は火山爆発イベントなしで冥術を使えるという唯一無二の特性を持っていますが、
術師なのに術威力が低く役には立ちません。そもそも冥術が弱すぎですし^^;

※陰陽師は高い魔力を持つものの、高いと冥術の威力が増し、
 それ以外の属性術が弱くなるという隠しパラメータ・理力まで高いため術アタッカーには不向き。

 

他、SFC版では一度も見たことがないタイミング (例えば二度目のクジンシー戦で強撃) で技を閃いたりしたので、バランスにも若干手が加えられてるっぽいです。
異常な威力を誇っていた触手で即死しなくなりましたし、かと思えばそんな強いイメージのなかった
ラスボスのサイクロンスクイーズで即死したりとか。

術研究所もSFC版より早いタイミングで建てられる気がしますね。

 

 

まとめ

個人的にはこの2がロマサガシリーズ最高傑作ですし、世間的にも多分一番人気なんじゃないかな。

リメイクをしてほしいんだけど、今更になってリマスターが発売されたあたり作る気は無さそう。
ま、1のリメイクであるミンストレルソングみたいになっても嫌だし・・・うーん。

※ミンサガはミンサガで悪くなかったけど、ロマサガ1とは違う類の面白さだったし何より、
 キャラデザインの改悪が酷すぎてどうもあんまり好きになれませんでした。

 

レトロゲーなんですけど今ならリマスター版があるので、未プレイの方には是非遊んでいただきたい名作です。

 

 

-★★★★★, ゲーム

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.