遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

雑記

愛猫の死後に見た不思議な夢

投稿日:

こんにちは、Peter@Peter08011です。

 

本日は溺愛していた愛猫の命日なのでお墓参りへ行ってきました。
もう7年ほど経つのかな? あの子が死んだ時にちょっと不思議な体験をして、今でも鮮烈に覚えているので今日はそのお話。

分類上は怪奇現象になるのかな^^;

まあたまにはこういう趣向も良いよね。
我ながらかなり胡散臭い話なので、興味ない方はスルーで。

 

スポンサードサーチ

こんな子でした

名前はネネコ。なんだけども、もっぱら愛称のネネで呼ばれていました。
名前からお分かりかと思いますが女の子です。

雑種だけど毛並みが非常に美しくて、彼女を見た人は皆、雑種だと信じなかったほど。
性格は非常に憶病で家族以外には絶対近寄らず、音の出るものも大嫌い。
おかげで車道に行ったりすることがなかったのは良かったのかもしれません。

声が物凄くか細くて高いのも特徴的でしたね。

 

 

私が小学生の頃に家へやってきて、以来18年間ともに過ごしました。
大学行ってた間は離れ離れになってたけども。

長期休暇で実家に帰ってくると毎回、「私を放ってどこに行ってたのよ」と言わんばかりに最初はガン無視するんだけど、
数時間経つとめちゃくちゃ甘えに来たんですよね~。

 

別れ

ある時、急に体調を崩したので病院へ連れて行ったところ、肺に水が溜まる病気で余命は1か月ほどだと診断されてしまいました。

 

ほんと急だったんですよ。

ただ兆候って言うか、そういえば様子が変だったなって後から思うようなことはありました。

体長が急変する少し前から、それまでに全く興味を示さなかった私が食べているお菓子類をやたら欲しがるようになったんですよね。
しかもカラムーチョだとかポテトチップスだとか、ネコが普通は食べないようなものばかり。

私の目には元気に見えていたんですけど彼女はもう先が長くないのを知っていたから、
最後に人間の食べ物に興味を示したのかもしれません。

体に悪いからと与えなかったけど、今では後悔しています。

 

 

余命は1か月ほどとされていましたが、かなり高齢であったためか体調を崩してからたった1週間で別れの時が来てしまいました。

仕事で死に目に会えなかったのですがいつもと違う様子の鳴き声で数度鳴いた後に倒れ、
もうそのまま戻ってくることはなかったそうです。

 

朝、仕事のために部屋を出ていく私を悲しそうな目で見つめ続けていたのを今でも覚えています。
これが最後の別れになることを知っていたのでしょうね。

また、体調を崩してからは寝たきりだったのですが、
死ぬ前日にはよろめきながら、遊び場だった自宅の庭をぐるりと見て回ったんだとか。

 

不思議な夢

帰宅後、まるで眠っているかのようなネネにすがりついて何時間も泣き続けました。

翌朝、火葬してからペット霊園に埋葬することが決まっていたので、
彼女が一生のほとんどを過ごした私の部屋で最後の一晩をいっしょに過ごしました。

 

 

葬儀も埋葬も終わり1か月ほどが経った頃・・・
不思議な夢を見始めるようになったのです。

 

それは夜中に、死んだはずのネネが布団の中に入ってくるというもの。

鼻を甘噛みしたり舐めたりして起こしてくるので、布団のスソをくいっと上げてやると入ってくる。
そして私の腕を枕にして眠るのです。
生前、寒い時期は毎晩のように経験していたことなので私は何とも思いません。

しかし数十分ぐらい経った頃でしょうか?
急に何かを思い出したかのように布団から出てきて、小走りでどこかへ去っていくんですよ。

 

ここで初めて私は、そうだ。ネネはもういないはずなんだと気付き、部屋を出て慌てて追いかける。
でも廊下の角を曲がったところで、ネネの姿は忽然と消えてしまう。1階へ下りる階段はあるけど隠れる場所なんてありません。
どこへ行っちゃったんだと泣きそうになって、

そこでふと目が覚める。

 

これと全く同じ夢を毎晩のように見たんですよ。

腕に感触が残っているような気がするし、なんか妙にリアルな夢なんですよね。
そんなことがあったものだから、まだこの部屋にいるのかなと思い始めました。

 

 

ほんとの別れ

そんな夢を見続け、彼女の死から約4か月。月日は流れてお盆が終わる時期になっていました。

ネネが夜中にやってくるという夢にはすっかり慣れていましたが、ここで違う夢を見ます。

 

夢の中に見知らぬ少女が現れ、自分はネネだと言うのです。
確かに年齢は18歳ぐらい(とはいってもネコの18歳はかなり高齢なんですけどまあ、夢なんで)だし、
ネネを連想させる鮮やかな茶色い髪色をしていました。

その少女はもっと一緒にいたかったんだけど、もう行かなきゃならない。
でもまだ体調が良くないから手を貸してほしい、 と言います。

 

肩を貸してあげ、二人でどこにでもありそうな、だけど見知らぬ少し寂れた町を歩き始めます。
正面の遠くの方に駅が見えているのですが、そこへ行きたいのだと。

 

歩きながら色んな思い出話をしました。
駅はそんなに遠くには見えないのに、歩いても歩いても着きません。
話続けてそろそろ話のタネも尽きてきたか、というところで彼女がポツリと言いました。
「今までありがとう。もっと一緒にいてあげられなくて、ごめん。」

結局駅には辿り着くことはできず、そこで目が覚めます。

 

夢の中で泣いていたわけではないのですが目が覚めた時、
涙で顔も枕もビッチャビチャになっていました。

 

 

その後

この夢を最後に、ネネが夜中にやってくる夢はパッタリ見なくなりました。

今でもたまに彼女の夢は見ますが上手く言えないんですけど、何か違うんですよ。
あの頃見ていたものと違って魂が感じられないって言えばいいのかな。
姿かたちだけで存在はしないっていうのが、何か感覚的に分かるんです。

 

死者の魂はしばらくこの世に滞在し続けるって言いますね。
彼女も死後はしばらく私の部屋にい続けて、お盆の終わりに先祖の霊と同じ便で向こうへ行ったのでしょうか。
この夢の通りだとしたら、この世とあの世は鉄道で繋がってるってわけか(笑)

 

私は怪談や怪奇現象の類は大好きなんだけど信じていません。
でもこの体験をしてからは、そういうのもあるのかもしれないなと思うようになりました。

 

 

まとめ

実は私は今なお、ネネへの罪悪感に苛まされています。

余命1か月と聞いた時、現実に向き合えなくって彼女を避けるようになってしまったんですよね。
ずっと私の部屋にいて、一番なついている私だけが頼りといった具合でしたが、
当の私は怖くなって自室にいる時間を減らすようになってしまいました。

小学生の頃から18年間も一緒にいたんだから、認められなかったんですよ。
現実を。

 

別室にいても、既に歩くのも困難だった体で部屋から出てきて何度も私を呼びに来ました。
一旦部屋に戻って、寝付いたのを確認したらまた逃げるの繰り返し。

まだ1か月あるからその間に心の整理をして向かい合ってあげようと思っていたのですが、
既に説明した通り高齢だった彼女はわずか1週間で、私の気持ちが落ち着く前に逝ってしまったわけです。

こんなことがあって自分を責めているので、最後に見た人間の姿でお礼と別れを言ってくれたって夢は、
ただの夢じゃなく彼女の本物のメッセージだったと思いたいですね。

 

多分誰も信じてくれないだろうから、この話はリアルではしたことはありません。

自分でも書いていてあまりに荒唐無稽だと思うんだけど実際に体験したことです。
信じるか信じないかはあなた次第、なんつって。

 

 

 

-雑記
-

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.