遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

雑記

【何故なった?】 腱鞘炎のお話 【どうなった?】

投稿日:

 

 

ども! 手の痛みと戦っているPeterです。

 

前回のスマブラ記事で冒頭にちょろっと書いたんですけど腱鞘炎持ちなんですよ。
パソコンのせいかスマホのせいか、スマブラのせいか、最近また結構痛み出してきたんだよね。

 

ってことで今日は何で腱鞘炎になったのか。どんな感じなのか。
そもそも腱鞘炎って何なんだよ? っていうお話。

海外での体験談も混ざってるよ!

 

スポンサードサーチ

腱鞘炎って何よ?

実は当事者たる私もよく知らない。

手先を同じような形のまま酷使し続けると発症するとか、そんな感じだっけ?
ってことでWikipedia先生に聞いてみようぜ!

 

腱鞘炎(けんしょうえん)は、腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症。症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。腱自体の炎症である腱炎(tendinitis)を合併することが多い。 ひどい場合は痺れて動かなくなったり局部が出っ張ったりしてしまう。 部分を冷やしてもあまり変化なく、痛みは長続きする。

 

原因[編集]

特定の原因は不明だが、指や手首など特定の関節を反復継続的に使うことによる前腕や手の腱鞘炎が多い。また、関節炎やけがなどから生じることもある。また、職業的にはコンピュータのキーボードを打つ弁理士などの職業や、ピアニスト、打楽器奏者などの演奏家、漫画家、作家などの筆記具を使う仕事などに従事する者の発症例が非常に多い病気である。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%B1%E9%9E%98%E7%82%8E

 

 

特定の原因は不明。

特定の原因は不明。

 

全体を通しての記述も随分あっさりしてるし曖昧だし、結構謎の多い症状なんだろうか。

 

症状はこんな感じ

私の場合は右手の指の第二関節を伸ばしたり曲げたりすると軽く痛む。
あと名前分からないけど、指の付け根より少し下に手を握ると出っ張る骨あるじゃないですか?
(調べてみたら中手骨というらしい)

小指だけそこらへんも痛みますね。

 

もっとも、かかった当初は両手ともだったし激痛が走って全ての指がほぼ曲がらなかった状態。
中手骨も全て、特に中指の部分が痛かったですね。
物を握ることができず料理すらできなかったので、それを思えば今の症状はずいぶん弱っちいです。
日常生活には全然支障ないしさ。

 

利き腕であり、発症当時はより酷かった左腕が何ともないのはやはり、
パソコン(マウス)やスマホ、ゲームあたりが原因だと思う。

※左利きだけどマウスとペンだけは右を使います

 

とはいえ左もやはり、同じような手先の作業を続けていると今でもジワジワ痛みが出てくるんだけどね。
日常的にうずくというか、昔は無かった違和感もあるし。

 

 

 

発症した原因

数年前までオーストラリアへワーキングホリデーに行ってたんですけど、
そこで一時期、ブロッコリーの収穫作業のお仕事をしていたんですよ。
いわゆるファームジョブってやつですね。

コンテナを積んでゆっくり進むトラクターの後ろにつき、
追いかける形でブロッコリーをナイフで刈っては前方のコンテナへ投げ入れる・・・って感じでした。

 

長いときは1日10時間ぐらいの労働でしたっけね。
延々、ブロッコリーを右手で鷲掴みにして左手でカット、右手で投げるという動作を繰り返していたのが原因。

加えてナイフは支給されるものを使うんだけど、これが使い古されすぎてて全然切れない!
砥石も一緒に渡されてたんだけどマシになるのは研いだ直後だけ。

腱鞘炎になったのは間違いなくこのナマクラが最大の要因。

 

オーストラリアの農業界では多分最大手ってぐらい大きな会社だったんで、
そんなとこケチんなよなー! って感じです(笑)

 

おまけ:仕事の待遇

腱鞘炎になっちゃったとはいえ、実入りはかなり良い仕事でした。

農業なので作物の育ち具合によって勤務時間は4~10時間ぐらいとバラバラなんだけども、
不作のときは時給、豊作のときは歩合制だったんですよ。

 

時給は1ドル80円換算で2000円ちょっとだったかな。
後者の歩合制の時は時給にすると平均して2500円ぐらい。

更にオーストラリアは土日祝は賃金割り増しが義務付けられているので
(私が知ってるとこはどこも土曜1・5倍、日曜2倍、祝日3倍でした)
休日に駆り出された場合は上記からさらに増えるってワケ。

 

私がいた会社は日祝は絶対お休みだったけどね。
別の農場で働いてた友人は祝日に時給5000円超えで働いてました。

 

忙しいときは1週間で手取りで10万円以上稼げたからね。
こんなん経験しちゃうと日本で働くのがバカらしすぎる。腕痛めちゃったけどさ!

 

雇用形態はもちバイトなんだけど、こんだけ稼げても現地の人が全然やってないから多分、
現地人的にはこれでもブラック労働なんだと思う。

 

 

 

良いこともあった

腱鞘炎になって良いこともあったんですよ。

それは人の優しさに触れられたってこと!

 

向こうではひょんなことから、クリスチャンではないんですけど教会に通うようになって
キリスト教に関係する色んな催し物に参加したし、現地の人とコミュニケーションも取ってました。

そこで仲良くなった人たちがめっちゃ心配してくれて、
包丁も握れないんじゃ料理もできなくて大変でしょうって礼拝の後に出すお菓子のあまりをくれたり、
ごはん作って持ってきてくれたり、食事に招待してくれたり・・・
元々愛されキャラだったんですけど、腱鞘炎で苦しんでいる間はより愛されてましたね(笑)

 

あの時受けた愛情は今思い返しても泣きそうになっちゃうぐらい、良い思い出話ですよ!

 

 

まとめ

治療を受けてもましにはなれど治らないので、多分一生のお付き合いになるんじゃないかな~。

痛い、不便だとは思うけどもこれがもう当たり前になっちゃったから、最近はそこまで気にしてないかも。
Wikiにある通り、注射や手術でどうにかなるのかもしんないけど、そこまでして・・・って感じ。

あんま悪化するようなら考えなきゃなんないけどね。

 

とにかく腱鞘炎になっちゃった人!
原因となった動作を生活から遠ざけるのが一番の対策だっていうから考慮してみてね!

っても、私もだけど仕事で発症するケースが多いそうだから難しいんだけどもさ・・・。

 

-雑記

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.