遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

音楽

美波にハマった理由を語ってみる

投稿日:

どうもこんにちはー! Peter@Peter08011でっす。

 

残暑が厳しいかと思えば一気に冷え込んできましたね。
ほんと近年、春と秋が消滅しつつありますよね。

でも気温は下がってきたけど、私は今最高に暑いんですよ!
いや、暑いじゃなく熱いだな。

 

それは数カ月分のお小遣いをはたいてコレを買っちゃったからなんです!

メジャーデビュー前にライブで配布されたというお手紙と、直筆サイン入りのCDのセット。
お手紙は本来、あくまでライブに来てくれた人のために書かれたものなので、
勝手にアップロードするのはまずいかなと思うので黒塗りにしてます。

高かったけど後悔はしてないよ!

ってことで、今日は何でここまで美波に入れ込んでるかってのを語りたいと思います。
まあ彼女の歌にハマる人って大体同じ理由だと思うんだけどね。

 

スポンサードサーチ

買ったものの紹介

と、その前に。
大枚はたいて買ったお品のご紹介を。

まずCD。
ディスクの淵にはよく見ると無数の ”MINAMI” 

ETERNAL BLUEと印刷されてるけど、ETERNAL BLUEは収録されてません笑
これは同名を冠したライブで配布されたものなんで、印字されてるだけなんだと思う。
ちなみにこのCDを配布したライブハウスのキャパが350人だったので、
このCDは350枚しか存在しないと言われております・・・ってどこかで見たけど詳細は不明。

大阪でもやったみたいだけどそっちでは配布しなかったのかな?
どっちみち、世に出回った総数はかなり少ないことに違いはないんじゃないかな。

 

 

収録曲はmonologue正直日記の2曲。
どちらも先月までYoutubeで聴くことができていたものの、ETERNAL BLUEともども
公開が突如停止されてしまったので2019年10月11日現在、聴くのが非常に困難な曲ですね!
特に正直日記は泣きたい時や悲しい時、落ち込んでる時によく聴いてたので嬉しい。

 

 

ところで、上記の公開が停止された曲たちなんだけど。

ライブの記事では隠してたけど、もう美波ご本人から公開されたように新曲が控えてるよね。

 

 

Youtubeで公開停止された3曲は多分、ヘナに収録されるんじゃないかな。
で、今までの停止画+曲なんじゃなく、動画付きのMVになって復活・・・は希望的観測なんだけど、
そうなったらいいよね。ETERNAL BLUE聴きたいっす。

 

 

んで、お手紙。
当たり前だけどこっちは直筆じゃなく美波が書いた原本をコピーしたものになります。
350枚も手書きで書いてたら死ぬしな!

内容はメジャーデビューが決定したご報告と、メジャーになっても変わらず自分らしい音楽をやってくよ!
という心構えをつづったもの。

彼女らしい内容なんだけども・・・

 

・・・・・・・・・・・・・。

いやね、黒塗りにしていたけど、これだけはどうしてもツッコミたかったので。

インスタでこの謎のハッシュタグをよく見かけんだけど、ほんと何なのこれ笑
まさかの本人発なん?笑

 

メジャーデビューしてから知ったニワカファンなので昔のツイキャスとか知らないんだよね。
なんでも最近でこそ大人しいけど昔は下ネタも多かったんだとか笑
コレがどういう経緯で生まれたのかめっちゃ気になるわー。

上の画像の一文以外は至極まともな内容だよ。

 

 

美波にハマったワケ

ようやく本題。

 

 

↑の記事でもちょろっと書いてるんですけど、Youtubeのオススメ動画で勝手に再生が始まり、
歌唱力に度肝を抜かれたのがキッカケ。

音楽は好きなもののなかなか この人は凄い! って思う歌手には巡り合えず、
好きな歌手って言ったらぼちぼちファン歴が20年いきそうな中島卓偉さんぐらいでした。

でも卓偉さんも最近はもっぱら、後進の育成や楽曲の提供に勤しんでいて新曲を出さなくなった。困った。音楽ライフの危機だ。
って時に私の耳へカチコミをかけてきたのが美波だったわけです。

 

最初に聴いたのがカワキヲアメクだったんだけど、その時点ではまだ半信半疑だったんですよ。
どうせすごいのはこの1曲だけだろってね。

で、他の曲はどんなものかと調べてみたら、他もヤバかったっていうのが美波にハマった理由なのです。

 

こう、改めて文字に起こしていて気付いたんだけど
私は特定の曲だけを好きになることはしばしばあっても、その歌手の他の曲や
歌手本人にまで興味を持つってことはごくごく稀なんですよ。
大半の曲は文字通りただ ”聞き流す” だけで、良いなと思うことすらありません。

ふーんとかへー、ぐらいなもん。

ましてや、他の曲が気になって自ら調べてみただなんて初めてのことかも。
卓偉さんはバンドやってる友達に何曲か勧められたのがファンになったキッカケだったしね。

 

余談:ずとまよ と みゆな

とか言いながら最近、おすすめ動画経由で”ずとまよ”ことずっと真夜中でいいのに
そして美波経由でみゆなもファンになりました。

みゆなちゃんは美波の後輩らしく、ツイキャスで
2年間毎日ウイスキーを欠かさず飲み続けた声
と紹介されていたのが印象的な歌手。
いや、どんな声よそれと気になりすぎて聞いてみたらファンになった次第。

ハスキーな声がカッコよく歌詞も曲も良い。現時点でもすごく上手くて将来が楽しみな子だね。
つーか17歳の女の子に2年間毎日ウイスキー飲み続けた声はねえだろ笑

毎度コメントの流れが速すぎて追えないけど、美波のツイキャスにリスナーとしてよく混じってるみたいだよ。

 

ずとまよは何だろう。
歌詞にしろMVにしろ、すごく前衛的で独特の世界観を持ってるよね。
曲だけでなくACAね自身もツイッター見てると言い回しが詩的と言うか不思議ちゃんって感じがするし、
なんならずっと真夜中でいいのにっていうバンド名も不思議だし、ACAねって名前も何だか不思議。
ACANEじゃなくACAねなのにセンスを感じる。

他にもCDのジャケットを魔導書仕様と言ってみたり、初回限定盤に鍋敷きを付けてみたり、
不思議すぎるけれども魅力的すぎるセンスがクセになりそう。

勿論、ただの傾奇者ではなくシンガーソングライターとしての実力だって申し分ないしね。

 

 

 

美波のここがヤバい

”ヤバイ” だけじゃ説明にあんまなってないので、もう少し詳しく。

 

一番心に響いたのは歌詞ですね。
カワキヲアメクのあとにチェックしてみたライラックが自分のことすぎてさぁ。
ホロネスも、私は外向けの自分を演じる器用さすら持ち合わせてないんだけど、
ありのままの自分でいると嫌われる、孤立するっていうのは凄く共感できた。

もうここらで完全に彼女の虜になってましたね。

さらにその後に知ったprologue水中リフレクション正直日記も、
まるで自分のことを歌にされてるような歌詞でした。

 

そんな恐ろしいほどに共感してしまう歌詞が、彼女自身が手掛けたクオリティの高い曲と、
圧倒的な歌唱力をもって耳に殴り込んでくるんだからこれはもうヤバい。

語彙ねえなと言われようが、ヤバいとかエモいとしか形容しようがないのさ。

 

そんで、歌以外でもラジオやツイキャスなんかの彼女の語りを聞いてその人間性に触れてると、
こんな言い方するのはおこがましいかもしれないけど、自分と同じタイプの人間だと思うんだよね。

でも私は周りからお前は変だ、まともじゃない、普通に生きろ、
何で周りと同じようにできないと叩かれまくって潰されて、
色々諦めて結果、半分世捨て人みたいになっちゃったんだけど、
彼女は実力で周りのノイズをかき消し、黙らせちゃった。

全然売れなくて辛い時期があったのは知ってるけど、そこで潰れずに今の座を掴んだ。

同じタイプだとは思いつつも、意志の強さや実行力には雲泥の差があると思う。

だからこそ私は単に彼女の楽曲だけでなく、
生き方や人間性にも強烈に心惹かれて尊敬もしているんですよね。

 

この記事でも冒頭にちょろっと呟いてるけど、
少年もしくはもっと若い頃に美波という歌手が存在していたらほんと、人生ガラッと変わってたと思う。
音楽業界は目指さなくっても、もっと周りの圧力には抗ってただろうなって。

それほどのパワーが美波のキャラクター、そして歌にはあるんですよ。

 

先の見えない暗い世の中ではあるけど、
これから自分の生きる道を見定めなければならないという若い子たちにとっては、
同じ時代にこんな歌手がいるってことは本当に幸運だと思う。羨ましいよ。

 

 

まとめ

はい、ってな感じでちょっと熱く語ってみました。

実際、私に限らず彼女の書く詞は多くの人の共感を呼んでいるからこそ人気が出たんだと思うんだよね。そしてその詞を歌い上げる、感情のこもった歌い方も然り。

今後とも、私にとっての一番であり、main actorであるこのアーティストからは目を離さず応援し続けていく所存です。

 

 

あと1カ月と2週間かぁー・・・長いな。

 

-音楽
-

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.