遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

ゲーム ★★★★☆

【評価/レビュー】 星のカービィ スーパーデラックス

投稿日:

どもです、Peter@Peter08011です。

 

ここ最近は新規配信のなかったニンテンドーオンラインのFC、SFCなんですけど
先日12日にそれぞれ2作品ずつ新たに配信されましたね。

今日は配信された4作品の中で恐らく、最もファンが多いであろう
星のカービィ スーパーデラックスをご紹介!

 

オススメ度:★★★★☆

 

 

スポンサードサーチ

どんなゲーム?

1996年3月21日に発売。
シリーズ4作目だけど家庭用ゲーム機でリリースされたものとしては、夢の泉に続く第2弾。

ふわふわ浮くことのできるジャンプや吸い込みコピーといった独特のアクションは継承されながらも、ステージをクリアしながら進める従来のシステムではなく、オムニバス形式の複数のゲームが収録されているのが本作の特徴。

 

 

メインゲーム

収録されている作品をご紹介。

 

はるかぜとともに

短く難易度も非常に低い本作の入門用ゲーム。
夢の泉に比べてコピー能力の使い勝手が大幅に異なるので、まずはここで操作に慣れよう。

 

 

しろきつばさ ダイナブレイド

はるかぜとともにほどではないけど、やはり簡単且つ短いお手軽ゲーム。
違いとして画像のようなマップ画面があり、一度クリアしたステージへ戻って遊ぶことができるけど、探索や収集要素があるわけでもないので特に意味はない。

 

 

グルメレース

その名の通りのレースゲーム。
CPUが操作するデデデ大王と競い合い、様々な障害をかわしつつ
コース上に配置された食べ物を集めながらゴールを目指す。

敵は登場しないけど道中に点在するコピーのもとに触れることでコピー能力を使うことができる。

食べ物を入手することで得点が加算されるんだけど、先着ゴールで貰えるポイントの割合が大きいので罠や地形に引っかからず、食べ物をしっかり回収しながら1位を狙うという精密な操作を要求される。

タイムアタックにも対応していて好きな人は好きなんだろうけど、個人的には全然楽しめないモード。

 

洞窟大作戦

広めのステージをさまよいながら、あちこちに隠された宝物を集め回る探索要素の強いゲーム。

宝物はすべて集める必要はなく、0個でもクリアは可能。
集めても特に意味はないんだけどやり込み要素があって私的には本作で一番好きな作品。

カービィにワリオランドの要素を入れたって感じだね。
(ワリオランドは集めたお宝でエンディングが変化するけど)

キャプテンファルコンのヘルメットやトライフォースなど、
ファンならニヤリとしそうな任天堂の他のゲームに所縁のあるお宝も多数登場。

 

メタナイトの逆襲

ダイナブレイドと洞窟大作戦をクリアすることで遊ぶことができるようになる。

はるかぜとともに等と同じオーソドックスなアクションなんだけど、ステージ中に各キャラが会話するなど演出面が強化されている。

また、これまでの作品と違い結構厳しめの制限時間が設定されている
これによってじっくり探索したりすることができず、常に時間に追われている感じがして個人的には嫌いな作品。内容自体は面白いんだけどね。

 

銀河に願いを

メタナイトの逆襲をクリアすることで解放される最後のメインゲーム。

マップ画面が存在し、最終的にすべてクリアする必要はあるものの、複数あるステージのどこから始めてもOKだという自由度の高い作品。これまでとは異なり、敵を吸い込んでもコピーはできない。

 

マップ上に点在するコピーのもとを入手することでのみ、能力を使うことができるようになる。入手した能力はいつでも自由に使うことができるようになるのも特徴。

一緒に戦ってくれるヘルパーをいくらでも呼び出せるので、クリアはそう難しくない。

すべての星を制覇し、ボスを倒せば晴れてゲームはクリア!

 

 

ミニゲーム

本編とは関係のないお遊び要素。

 

かちわり メガトンパンチ

パワー、照準、振り子の三要素をタイミングよくボタンを押していくことで
相手とパンチの破壊力を競い合うミニゲーム。

シンプルながら対戦が非常に熱い!

 

刹那の見斬り

画面上に!マークが表示された瞬間にボタンを押し、早かった方が勝つ反射神経を競うゲーム。
夢の泉のはやうちカービィを2P対戦に対応させたものと言えば分かりやすいかな?

こちらも対戦が熱く、一時期兄弟や友人とめっちゃ遊んだなぁ。

年取ると反射神経が鈍るというけど、子どもの頃に比べて全然CPUに勝てなくなってる・・・笑

 

格闘王への道

銀河に願いををクリアすることで解放される、いわゆるボスラッシュモード。
用意された数個のマキシマムトマト以外での体力回復はないので、回復するタイミングが重要。
とはいえSwitch版なら巻き戻し機能があるのでどうとでもなるけどね。

これをクリアすればサウンドテストが解放されるよ。

 

 

まとめ:プレイ後の感想

難易度は全体的に低めでアクションが苦手な人やゲーム初心者にも遊びやすい。
(元々、カービィシリーズ自体が当時難しいゲームが多すぎたために遊びやすいゲームを、というコンセプトで作られたらしいね)

ただしマシンスペックの向上によって従来のシリーズよりもアクションが多彩になった分、
少し取っ付きにくくなってる感はあるかな。

移動などの基本アクションはともかく、各コピー能力でやれることが大幅に増えたので覚えることが多く、思い通りに動かそうとなると結構大変。また、能力によってはボタン連打で発動する技など暴発しやすいものがあったりもする。

裏を返せば操作に慣れさえすれば、色んなアクションで幅広い遊びができるわけでもあるので、長所でもあるんだけどね。

 

未プレイのSwitchユーザーなら、この機会に是非一度お試しあれ。

 

-ゲーム, ★★★★☆
-,

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.