遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

ゲーム ★★★★☆

【評価/レビュー】 Reventure (レベンチャー)

投稿日:

どうもこんちはー、Peter@Peter08011です。

 

本日ご紹介するのはReventure(レベンチャー)というゲーム。

 

今までSTEAMのみだったかな? で配信されてたのが
この度、Switchでも配信開始になったってわけで買おうか迷ってる人向けに記事にしてみようかと。

僕が遊んでるのはSTEAM版だけど機種による違いは特にない・・・と思う。
SwitchにはDLCであるサウンドトラックが含まれてるっぽい?

あと値段がSTEAM版が820円なのに対しSwitch版は600円
セールなどでも変わるけど、定価で買うならSwitchの方がお得っぽいね。
まあでも数百円の差なので、両機種あるならお好きな方で良いんじゃないかな。

あーそれと、STEAM版はゲームパッドがないと遊びにくいってのもあるか。

 

オススメ度:★★★★☆

 

スポンサードサーチ

ゲームシステム

広めのマップを探索する、ドット絵のごくごく普通の2D横スクロールアクション。
使用するボタンは十字キーの他はアイテムボタンとジャンプボタンの2つだけ。
操作性も良好なのでアクションが苦手な人でもすんなり入っていけるはず。

フィールドの各地には攻略に必要なアイテムが隠されている。
特定のアイテムが無ければ進めない箇所が多いんだけど
アイテムは持てば持つほど、移動力とジャンプ力が減っていく。

最初は軽々飛び越えられていた段差もアイテムを入手したせいで届かなくなってしまい、別ルートを探さねばならなくなることも。

なので片っ端から回収していけばいいわけではなく、行きたい場所には何が必要か、など
よく考えながら行動しなきゃならないのがポイント。

 

100のエンディング

本作最大の特徴であり、バカゲーたらしめているのがこれ。

全部で100種類もあるエンディング

 

エンディングとはいえゲームクリアではなく大半がただのゲームオーバーだったりする。
入手した剣で兵士や王様を殺してもエンディングになるし、
自身が設置した爆弾の爆発に巻き込まれてもエンディングとなる。

一応、デーモンロードにさらわれたお姫様を救うというストーリーはあるけど、
100種類あるエンディングのリストを埋めていくのがこのゲームの真の目的。

ちなみに主人公は
ミンチにされようがマグマにダイブしようが基本的に死なない。

数日後には元気になって自宅から再スタートしていくタフな男だ。

 

しかしこの行方不明ENDのように、いくつか本当に死亡するエンディングもある。
主人公が死亡してもゲームオーバーにはならず、遠い親戚家に勝手に住み着いた浮浪者が遺志を継いで新たな冒険者となる。

 

先代が行方不明になった場所へ行くと白骨死体が転がっていたりする笑
ちなみにこのエンディングは山頂にあるイチゴを入手すると見ることができるよ。

山頂にイチゴがある意味も分からないし、足を折って下山できず野垂れ死んだはまあいいとして、何でこんなイチゴLOVEなのか色々意味不明なエンディングだね笑

 

気になった点

エンディングとなっても即再開される身軽さはいいんだけど、
アイテムは全部なくなっちゃうんだよね。

ほとんどは自宅近辺にあるんだけど、それでもコンプするには何百回とやり直すゲームなので回収し直すのがちょっと面倒。

持ってるアイテムによって行ける場所が大きく変わってくるし、
前述したように重量制限に近いシステムがあるから仕方ないのは分かるんだけど。

 

まとめ

頭はそれなりに使うものの、精密な操作などは要求されずかなり遊びやすいゲーム。
値段もお手頃なので懐古向けのグラフィックに抵抗がないなら遊んでみる価値はあるよ。

しかし自力でのコンプは相当難しいと思うので、新たなエンディングを発見できなくなったら
ストレス溜め込むよりも攻略情報探しちゃう方が良いかもね!

ネットにつないでいる他のユーザーがどの程度遊んでいるか、ロード画面で大まかに分かる。
僕のデータだとエンディング60種類回収済みなんだけど、ここまで進めたのは全ユーザー中の8.66%だけ!

 

旅立ちから実に31年近く経っている・・・。

数十年にも及ぶ魔との戦いは、正に大河ドラマ!

・・・なわけねーよな。

 

-ゲーム, ★★★★☆
-,

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.