遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

ゲーム ★★★☆☆

【評価/レビュー】 戦え原始人3

更新日:

やあこんにちは、Peter@Peter08011です。

 

 

本日はこちらのゲームをご紹介。

Switchでニンテンドーオンラインに加入していれば無料で遊べるゲーム、
その名も

戦え原始人3

 

 

いやー、タイトルからしてヤバい匂いがプンプンするね!

 

 

なお、長くなるので記事名では省いているけど

戦え原始人3 ~ 主役はやっぱりJOE & MAC ~

が正式なタイトル。

 

やっぱりって・・・いや、誰だよお前ら。

 

 

オススメ度:★★★☆☆

 

 

スポンサードサーチ

概要

1994年にスーパーファミコンにてデータイーストから発売されたアクションゲーム。
タイトルの通り戦え原始人シリーズの3作目らしいがラッシングビート・乱同様、
なぜ1作目ではなくいきなり続編を持ってくるのか、Switchの配信基準がイマイチ分からない。

 

なお、タイトルにもなっているジョーマックは1作目の主人公なんだけど
2では別のキャラに代わり、この3作目で再び主人公に返り咲いたので
”やっぱり主役は” なんてサブタイトルが付いているようだ。

 

 

なお、僕はもろにスーファミ世代だけどこのゲームを知らないし、周りでも
誰も持っていなかったのでかなりマイナーなゲームだと思われる。

だからやっぱりとか言われると、誰だお前とツッコミたくもなるもんさ笑

 

 

舞台設定

フーバーという敵部族の長に奪われた村の至宝・かんむりを取り返すために
ジョーとマックが旅に出る、というストーリー。

 

フーバーの隠れ家は周りを海に囲まれているので7つあるレインボーストーンを集め、
これで虹の橋を架けねば彼の島へは行けないらしい。

 

 

 

敵の本拠地を目の前にしながら何もできず、歯がゆい思いをしている(はずの)主人公。

 

 

基本操作

スーパーファミコンともなるとボタンが増えたことで操作が複雑なゲームも
多く出始めた時期なんだけど、本作の場合は

方向キーで移動、X or Yで攻撃、A or Bでジャンプと至ってシンプル。

 

ほかには下でしゃがむ・回復アイテムを食べる、上を押しながらX(Y)ボタンで真上に向かって攻撃できる。

 

また、方向キーをグシャグシャ押すとたまに全方位攻撃と思われる素早く腕を振り回すアクションが出るんだけど、正確なコマンドがイマイチ分からない。
(方向キー1回転+攻撃ボタン?)

 

 

 

 

乗り物となる恐竜など特殊なギミックが出てくると、ジャンプで背中に乗ってみようなど、
チュートリアルが表示される。当時こういったガイドが表示されるゲームは少なく、かなり親切。

 

 

 

気になった点

ボリューム不足

1つ1つのステージが比較的長めなものの、全6ステージというのはいささか寂しい。

 

 

わざわざフィールドマップが用意されている割には恐ろしく狭いし、
謎解きや隠し要素なども無いし、いまいちこれを導入した意図が分からない。

好きな順に攻略できるという長所はあるけど、これなら別に
ステージを自由に選ぶロックマン方式でもいいわけで。

 

 

 

ほか、主人公の自宅を改築できたり、結婚して子供を作ることもできるけど
エンディングで妻子から短いお褒めの言葉がもらえるだけで、ゲーム的には全く意味が無い。

 

 

どうも色々詰め込もうとしたけど途中で諦めました、って感がそこかしこから漂っているような。

 

 

 

お店で買えるブーケを受け取ってもらえると結婚が可能。
(受け取るのはかなり低確率っぽい)
結婚後にさらにブーケを贈ることで子供が産まれる。

産まれたばかりなのにデカい。そして言葉を喋っている笑

 

 

なお、お店での買い物もブーケ以外は回復アイテムが並んでいるが、
各ステージのあちこちに落ちている上に、敵を倒すと割と高い確率でドロップするため、わざわざお店で買う意義は全くない。

 

お店での売買も、とりあえず入れてみました感が強い。

 

 

難易度が不安定

氷原、湖、火山ステージ辺りはかなり難しめ。
の、わりにボスはどいつもこいつもめちゃくちゃ弱い。

 

恐竜の王・T-REXも見掛け倒し。

 

 

ラスボスも驚くほど弱いんだけど、前哨戦となるラスボスの第1形態だけは
なぜか異常なほど強い。

お前、何で秘宝の力を借りて人間から怪物になったくせに弱体化してんだよ・・・。

 

 

 

まとめ

グラフィックは綺麗だしコミカルな音楽も良い。
アクションも操作性が良く快適なんだけど、バランスが不安定なのと
ボリュームが無さすぎるのが残念。覚えてないけどクリアまで1時間半ぐらいじゃなかったかな。

もっと短かったかも。

 

 

とはいえ、半端ないクソゲー臭が漂うタイトルとは裏腹に全然遊べちゃうアクションゲーム。
意外と面白かったので拍子抜けしちゃったよ笑

これでボリューム面さえしっかりしてれば良作と言っていい出来だと思うので、
ちょっと惜しい作品だね。

 

 

おまけ

主人公たちの部族が住む村も島にあるのだが、最初のステージをクリアすると船で大陸(?)へ向かう。

 

 

ん・・・? 船?

船だって!?

 

 

さ、最初からそれでフーバーの島行けよ!

 

レインボーストーンとは一体何だったのか・・・。

 

 

 

 

           ― 完 ―

 

 

-ゲーム, ★★★☆☆
-,

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.