遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~

ゲーム

【FE・風花雪月】 黒鷲(紅花)終了、青獅子開始

投稿日:

※最初の方に激しい黒鷲ディスが含まれているのであの学級が好きな人は読まないことを推奨!

 

青獅子学級の各キャラに対する感想なんかも書いているので、それだけ見たい人は目次からキャラ名を押せば飛べるよ。

 

 

スポンサードサーチ

まずは愚痴らせて!

今更ながら1年以上放置していたFE・風花雪月のプレイを再開してみた。

いやね、めっちゃ面白いんだよ。ゲーム自体はめっちゃ面白いんだけど・・・
2周目に選んだ黒鷲(紅花)ルートが苦痛すぎて途中でギブアップ。
旬は過ぎてしまったけど久々に遊びたくなって再開してみたってわけ。

 

幸い終盤までは進めていたからもう、じっくり育成とかもせずにパパっとクリア。

ファンには申し訳ないがエーデルガルトが不快すぎて本当に無理。
金鹿を遊んだ時点で大嫌いになって、こいつのルートをやれば多少好きになれるかと思ったけど結果、ますます嫌いになっただけだね。

 

ストーリーもレアがキャラ崩壊してたり、光の杭は仲間にすらダンマリ決め込んで教会のせいにするし、個人的には終わり方も含め胸糞だったし最初に選んだ金鹿との落差がねぇ~。

 

こいつ結局闇に蠢く者たちにとって都合のいい歴史を吹聴されて踊らされてるだけだし、かわいそうな自分に酔ってる感がきつすぎる。

 

大体このルート選ぶと、親を殺された上に所属している組織の聖域(しかも墓)を荒らす外道に主人公がホイホイついていく、っていう意味不明な展開だからね。

これまでのシリーズで敵側だった軍を選べるようにしてあるだけだから、ストーリーが矛盾だらけで消化不良なのではという意見を見てなるほどと思った。確かにそんな感じ。

 

 

 

実力主義の世をという建前はご立派だけど、あまりにも強引に各勢力を排除してきたから
このエンドだとほどなくしてまた戦乱の世に戻りそう。

粛清された貴族の残党やセイロス教徒など方々から恨みを買いまくってるだろうしね。

国土も疲弊してるだろうし、縋るものを失った平民は生きる気力を失くしそうだし、大陸に混乱を招いただけでパルミラなど異民族が侵攻してきたら一瞬で瓦解しそうなイメージがある。

 

 

 

また、実力主義を謳う割にメトジェイやランドルフみたいな無能を重用していたのも激しくマイナスだし、現代社会でも建前上は実力主義で平等なんだけど、家が裕福か否かで人生に大きな影響が出るのは立証されている。
しかしエーデルガルトの統治でそういった格差が是正されるとも思えない。

腐敗貴族に成り代わって、戦争で儲けたろくでもない商人なんかが台頭して、結局平民は苦労するって未来しか見えないなぁ。

能力があれば平民でも取り立てるとか言いながら、フェルディナントとの支援会話を見る限り
平民へ教育の場を設けることなど思いもしなかった様子だし、理想ばかりが先走り過ぎて思慮が浅すぎるように思う。

 

 

ユニットも贔屓したくなるぐらい好感持てたのはフェルディナントぐらいかな。
と言うか、黒鷲学級の面々がヒューベルト以外はついていく理由があまり無いと言うか
何でここにいるの?って感じだったのも、キャラの印象が薄いことに影響しているかもしれない。

※1年以上前だからうろ覚えだけど、野営地だかで
 「とりあえずついてきたけど大丈夫なんだろうか」みたいなこと言ってたような。
 その後の各キャラのセリフもとりあえず最後までついてくって感じで、金鹿のように
 自分たちの理想や信念に基づいて戦っているという覚悟は全然感じられなかった。

 

エーデルガルトとヒューベルトを除く各キャラの印象は、教会ルートに進めばまた変わるかもしれないので、そちらでは魅力的に映ることを期待したい。

 

 

とにかく、ほんっと苦痛だったのでエンディングを何とか迎えられ、せいせいした。
復帰したら自軍にイエリッツァが追加されてたこともあり、取りこぼした支援会話もあるけどこのルートは二度とプレイしたくない。

 

 

 

 

青獅子学級は楽しい

3周目に選んだのは青獅子ルート。

2部でのディミトリの変貌ぶりはずっと気になっていたし、ラファエルという萌えキャラがいなければ最初に選ぶつもりだった学級。

 

現在第2部まで進めたところだけど、最初に選んだ金鹿同様に魅力的なキャラが多くストーリーも面白い。

溜まりに溜まったフラストレーションを吹き飛ばしてくれるほどに、今のところは楽しめている。

 

以下、簡単な各キャラの紹介や感想でも。

 

 

ディミトリ

王都を逐われ地獄のような日々を送ってきたらしく、その心は5年ぶりに再会し、彼に笑顔で手を差し伸べた主人公にすら「お前も俺を殺しに来たのか」と敵意を向けるほど荒んでしまっている。
爽やかで明るかった以前の面影は微塵もなく、見ていて物凄く痛々しく、そして悲しくなってくるほど。

 

病んではいるけど捕らえた帝国将軍との押し問答を見る限り、頭の回転の速さは健在か。
肝心の戦略の方には一切気が回らない様子だけど・・・。

 

今まで確認した中では黒鷲ルートのみしていなかった眼帯は一体何なんだろう。
一時的に右目を悪くしているだけなのだろうか。

現在、戦闘には出せるものの食事などコミュニケーションが一切とれず、講義にも出てこない。

 

ユニットとしての性能は凄まじいの一語。
魔防が心もとないがHPと速さが高いのでまず追撃を受けず即死することもないので、回復を疎かにしない限りは問題なし。

本作最強クラスのキャラだと思われる。

 

 

ドゥドゥ―

ディミトリを逃がすために死亡した・・・らしいけど
他のルートで5年後の姿を確認しているし、仲間たちとの支援もBで止まったっきりなので
絶対生きていて後々合流してくれるはず。

フォートレスに進んだところ、運が悪かったのか少なくとも第一部終了時点では
盾職として重要なパラメータがことごとくラファエルよりも低い下位互換に。

とはいえ、物理はほぼ完全にカットしてくれる程度には硬かったので何も問題はない。
(難易度はハード)

 

好きなキャラなので早く帰ってきて欲しいなぁ。

 

 

フェリクス

険のある顔つきで口も悪く、支援会話では舌打ちとため息が目立つ嫌な奴・・・
と、見せかけて数々の悪態は彼なりの照れ隠しや愛情表現であることが多く、実はめちゃくちゃ良い子だったりする。

第一印象(容姿)だけでは、何で人気があるのだろうかと疑問を感じていたが
青獅子学級でプレイしている今となってはよく分かる。

デザインはあまり好きではないがめちゃくちゃ良いキャラだ。

 

 

散策時、礼拝堂で何も言わず俯きながら佇んでいるディミトリに対し
「あいつを何とかしろ、鬱陶しくてかなわん」などと言っているが、変わり果てたディミトリを彼なりに心配しているのだろう。

 

性能的には隙がほぼなく、かなり強い。
フェリクスは魔力もそこそこ伸びるのでエピタフとの相性は良い方のはず。

僕はルナティックにまで挑戦する気はないが、少なくともハードモードでは物理でも魔法でも活躍できる万能なアタッカーだ。

 

まあ・・・硬い敵にはアーマーキラーがあるし、魔力を活かすなら別にエピタフにしなくとも
サンダーソードでも使えばいい話なので、兵種スキルゲットしたらソードマスターに戻すけどね。エピタフは成長率悪いし。

 

 

 

アッシュ

少し気が弱いが真面目で心優しい好青年。
良い子なんだけど、濃いキャラの多い青獅子学級の中ではいまいち存在感が薄いか。

 

 

せっかく青獅子を選んだのだからレギュラーとして使い続けてはいるけど
パラメータが微妙すぎて活躍させ辛い。力が全然伸びないのは運が悪いからなのか、適性のある弓兵ルートが罠だったのか。

現状、魔力と魔防以外シャミアさんに勝っている部分が無い。

魔防はそりゃ高いに越したことはないけど、反撃を受けない位置から倒すことができる弓兵にとってはそんな重要でもないし・・・。

 

 

シルヴァン

ステレオタイプの二枚目女好きキャラと見せかけて、今作で最も闇が深いキャラの一人。

その複雑な心中を表しているかのように支援レベルはほとんどのキャラがBで打ち止め。
支援会話の結末もその場ではサラッと流されてるように見えながら、シルヴァンにとってはそれ以上踏み込めなくなるようなものだったり、もっと早く出会えていればと ”遅すぎた出会い” を嘆くものであったりする。

そんな彼を受け入れ、優しく包み込むメルセデスとの支援A会話は不覚にも泣いてしまった。

 

メルセデスの優しさに、涙をこらえているかのように声を震わせるシルヴァンにまた、うるっと来る・・・。

 

 

前衛に必要な能力が満遍なく伸びるので最前線で暴れやすい。
毎回ドラゴンマスターにしてるけど、破裂の槍や適性を考えるとパラディンとかが良いんだろうか。

でも今作は速さ成長にマイナス補正かかると知ってから、騎馬系の兵種は避けがちになっちゃったんだよね。技能スキルもろくなものがない、もしくは修得レベルが高すぎて苦労に見合うほど優秀ではないものばかりだし。

 

 

 

アネット

どこどこどーん!

 

魔力が高く攻撃力は問題ない。速さが微妙だけどウインドの魔導書なら重さが2しかないので追撃もよく出せる。
・・・が、HPが伸びなさすぎてヤバい。魔導士だから当然守備も低いので迂闊に行動するとワンパンで殺られちゃいそう。

そして黒魔法にしろ白魔法にしろ覚える技が微妙すぎる。
得意兵種の関係で移動力が低い上に長射程の魔法を一切覚えないので一人だけ進軍が遅れ、追いつく頃には他のキャラが敵をあらかた倒し尽くしてしまっている、ということも多々。

テュルソスの杖である程度ごまかしは効くものの、現在はダークナイトを目指して修行中。
移動力さえ何とかなれば活躍の場はあるはず。応援のスペシャリストという個性や、強力な専用戦技が使える打ち砕くものも活かせそう。

リブローかワープでも覚えてくれたら、現状でも便利屋になれるんだけどなー・・・。

 

 

 

イングリット

FEシリーズにおいて超重要な速さがグングン伸びるものの、HPと守備がいまいちなので最前線に放り込むのは少し不安。力と技もあんまり伸びてくれない。

多くの人が選ぶであろう、ペガサスナイト系の副産物として修得できる警戒姿勢もあって
攻撃は避けまくるんだけど、1発当たってしまうとゴッソリ持っていかれてしまう。

魔防は高いので魔導士を釣りだすのには重宝するんだけどね。
強いのは間違いないけど安定感が無いイメージ。

 

人気があるようなんだけど生真面目な性格ということもあってか、私的にはイマイチ印象に残らないキャラの一人。

ただしラファエルとの支援会話は秀逸。
生真面目で小言の多い彼女と。それをサラッと受け流してしまうラファエル。
さながらボケとツッコミの関係のようで良いコンビになれそう。

 

 

 

 

メルセデス

生徒の中では全学級中でも最年長のおっとり癒し系お姉さん。
その慈母のような温かい包容力は暗い第二部の青獅子学級にとっては正に清涼剤。

 

イメージ通り白魔法のスペシャリストで範囲内のキャラを全員回復するリザーブがチート級。
また、固有スキルである奉仕の喜びによって仲間と同時に自身も回復させるので前線でも多少の無茶ができる。

 

 

高い魔力と魔防、速さのお陰で魔法攻撃に対しては無敵と言っていい強さを発揮。

HPと守備は低いので物理は怖いが、対魔法ならば反撃でバンバン敵を薙ぎ倒していきつつ
効果範囲が恐ろしく広いリブロー、リザーブで遠く離れた別動隊も回復してしまうという
攻守ともに隙の無い魔法ゴリラ。

白魔法使いとしては多分全キャラ中最強なんじゃないかな。

 

 

ギルベルト

陰のある渋カッコいい老騎士で、自軍ユニットとなる人間の中では最年長。
創作物の世界では年長者=達観しているイメージがありがちだが
迷いや自責の念に苛まされ続けているのが人間臭くて好き。

 

 

加入時の速さ初期値は驚愕の2だが、フォートレスに速さは必要ないし重要な守備は高いので問題なし。

騎士団配備中はダメージ-2という固有スキルもあるしね。

 

個人的にはかなり好きなキャラなんだけど加入が遅すぎるのと
老人キャラは成長しないというシリーズの伝統の影響で使う気が起きない。

現時点でも十分使えるし、今作は同じお助けキャラ的なポジションのカトリーヌやシャミアが強いので、ギルベルトの場合も老人だから成長しにくいとか多分無いと思うんだけど。

 

何より、青獅子学級は金鹿同様に魅力的なキャラが多いので、レギュラーから外してもいいっていうキャラがいないんだよなぁ。

 

もっと早く加入していれば、間違いなくレギュラー入りさせたんだけどね。

 

 

-ゲーム
-,

Copyright© ナレブ ~ナんでもレビューするブログ~ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.