遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

Peter's Life

ゲーム ★★☆☆☆

【評価/レビュー】 JOE & MAC 戦え原始人

投稿日:

Hi,there! Peterです。

 

Switchのスーファミオンラインに更新が来てるなーと思いきや、新たに5タイトルが追加された。

とはいえ内1作は、既に配信されているマリオカートの隠し要素が最初から解禁されているSP版なので、実質4作か。

 

さて今回追加された新規タイトルは・・・

 

お?

 

戦え原始人の1作目があるじゃないか。おっしゃ早速やってみよう!

3はクソゲー臭が半端ないタイトルとは裏腹に、意外に面白かったがさて本作は・・・?

 

あ、例によってネタバレもあるから閲覧は自己責任でね!

 

オススメ度:★★☆☆☆

 

 

 

 

 

スポンサードサーチ

概要

データイーストより1991年に発売。
SFCが世に送り出されたのが90年末なので、SFC黎明期の作品だね。

タイトル通り原始時代を舞台にしたゲームで、ジャンルは横スクロールアクション。

 

 

3では “戦え原始人” が正式なタイトルとなっているが、本作ではJOE & MACが主題であり、副題が戦え原始人とされているようである。

まあどうでもいいけど笑

 

二人同時プレイが可能で2P SUPER GAMEでは、味方同士でも攻撃の当たり判定が発生する。

被ダメージ量は敵から受けるものより低めに設定されているようだが、何がスーパーなのかは不明だ。マジで不明だ。

 

 

システム

3では自由に移動できたワールドマップだったが本作では定められたルート間を移動するタイプのもの。

 

 

同じスーファミオンラインで配信されている有名どころで言えば、スーパーマリオワールドやスーパードンキーコングと同じ仕様だね。

 

 

 

ただしセーブ機能はなく、パスワードもない。
まあSwitchで遊ぶ分にはどこでもセーブ機能があるので問題は無いだろう。

白いマスを通過すると現れる銀色の像はコンティニューポイントになっているようだ。

 

 

基本操作は方向キーの横で移動、下でしゃがみ。XかYで攻撃、AかBでジャンプと至ってシンプル。
上を押しながら攻撃で真上へ武器を振ることもできる。
セレクトボタンで武器変更。ただし事前に入手しておく必要がある。

 

ほかには横を素早く2回押しでローリングダッシュ。押しっぱなしで一定距離を攻撃判定を出しながら移動することができる。方向キーを離したり別のボタンを押せばキャンセルも可能だが、一撃で倒せない相手以外には使い勝手が悪い。

 

方向キーの上を押しながらジャンプで通常より高く跳べるローリングジャンプ。
こちらはダッシュと違い、攻撃判定は発生しない上にモーションが終わるまで方向転換ぐらいしかできず、無防備な状態になってしまうが、高い位置へ進むためには必須の技だ。

 

 

 

 

 

良い点

ベタではあるが世界観は好き

そう言えば最近、原始時代を舞台にしたゲームってあんま見ない気がする。
だけどもやっぱ恐竜と戦うって、コミカルな作風でも何か燃えるのよ!

恐竜がいた時代に人間はまだいなかった、なんて野暮なツッコミは不要なほどにね!

 

 

グラフィックは結構キレイだし、巨大な敵が出てきても処理落ちしないのは何気に好ポイントだね。

 

 

 

各ステージのボスを倒すと囚われていた美女が解放され、熱いキスをプレゼントしてくれる。

 

 

 

武器の使い分けもまあ楽しい。

連射が効いて使い勝手は良いが攻撃力の低いブーメラン、平均的な強さを持つ骨、
弾速は遅く連射もできないが当たり判定がしばらく残り続ける火、
発生は非常に遅いが攻撃力が高く、地形に沿って転がっていく石のお金

と、それぞれの武器に強みがあるので、状況ごとに使い分けるのは結構楽しい。

 

火だけあんまいらん気がするけど。

 

 

 

気になった点

アクションが全体的に微妙

純粋にアクションゲームとしての出来が微妙かな・・・。
気になる点が少し多いので箇条書きにしてみよう。

 

・動きがかなりモッサリ。細かい足場から足場への移動で落下死しやすい。

・敵味方共に当たり判定が想像しているよりも一回り大きい気がする。

 

・攻撃を当てた時のザコの無敵時間が長い。
 のはいいが、何故か無敵状態の喰らいモーションのまま自由に動くので攻撃を受けやすい。

 

・画面外から高速で突っ込んでくる敵が多い。
 即死はないので初見殺しとまではいかないものだが、ダメージを受ける理由の
 7割ぐらいはこの不意打ちによるもの。残り3割は上の無敵状態まとわりつき。

 ザコもボスも動きが単調なので、基本的にこれら以外ではダメージは受けないので
 難易度が高いのか低いのか、よく分かんない・・・。

 

 

あと話は変わるけど

 

ラスボス何で悪魔やねん。

最後だけいきなり世界観変わってるやん!!

 

 

 

ボリューム不足!

全6ステージしかない3も大概だけど、向こうはまだそれぞれが長めだった。

こちらはボーナスステージなどを除けば全10ステージあるが

ボス戦まで20~30秒で到達できてしまうものがいくつかある。

加えてボスのグラフィックの使い回しも目立つ。

 

いくらSFC黎明期の作品とはいえ、もうちょい頑張って欲しかったところ。

 

 

 

 

まとめ

3みたいにこれも意外に面白いんじゃない?と思って遊んでみたが、こちらはなんか・・・
うん、よくある、ちょっと出来の悪い微妙なアクションって感じのゲームだった。

まあシリーズなんて大抵は回を重ねて洗練されていくもんだしね。
一作目ならこんなもんかなという気もするし、先にこちらが配信されていればもう少し好意的な目で見ることができたかも。

 

ちなみにこのゲーム、アーケードからの移植だそうでプレイしたことはないんだけど、
動画を見る限りはSFC版には存在しない武器が多数あったり、必殺技っぽいものがあったりとほぼ別ゲーって感じだね。

ラスボスも今回用意した画像のようなTHE・悪魔ってキャラじゃなく、モンスター化した原始人のような風貌で世界観に沿ったキャラクターだった。

 

 

まあさておき。

ここまで来たら2の配信も待ってるからね!

 

 

-ゲーム, ★★☆☆☆
-,

Copyright© Peter's Life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.