遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

Peter's Life

ゲーム ★★★☆☆

【評価/レビュー】 バイオハザード7 Resident Evill  

投稿日:

どうもどうも、Peterです。

 

本日はバイオハザード7をご紹介するよ!

あ? 8じゃなくって今更7なのかよって?

まあ良いじゃん。

 

 

結論から言えば決してクソゲーではないが、面白くもない残念な点の多いゲームだった。

それとネタバレや怖い画像を含んでいるため、閲覧注意!

 

 

オススメ度:★★★☆☆

 

 

スポンサードサーチ

概要

2017年1月発売。

 

外伝作品やマイナーチェンジver(振動対応verやディレクターズカットなど)も出まくっているため、今や何作出ているのかよく分からないバイオハザードの、ナンバリングタイトルとしては7作目。

 

ラジコン操作からTPSへと変遷してきたこのシリーズだが、本作では初となる一人称視点を採用。

・・・いや、ガンサバイバーも一人称視点か。でもま、アレはガンシューだしまた別ってことで。

 

 

なお、僕はバイオはどちらかと言えば好きなシリーズだけど、プレイしたことがあるのは
1(ディレクターズカット、リメイク版含む)、2、3、コードベロニカ、RE2ぐらいだ。

コードベロニカが私的にイマイチで途中離脱し、リメイク版などを除けば長らくシリーズから離れていた立場からの意見だと思って読んで頂けると、ありがたい。

 

 

 

 

 

序盤は超怖い!・・・んだけども

豹変したミアに襲われたり、狂った家族のイカレた食卓、外見は普通なのに不死身で頭のおかしい老人に追い回されるなど、序盤はほんっと怖かった。

 

大人っぽさと可愛らしさを兼ね備えた美人妻がいきなりこんなんなって襲い掛かってきた時にゃーもう、色々漏らしそうだったよ!

 

 

ガレージでのサイコホラーじみた戦闘などは凄く良かったんだよ。
銃を奪い、自分で自分の頭を吹き飛ばすジャックとか、こちらの理解の範疇を超えた行動を繰り返すミアやベイカー家の人々に、精神を蝕まれていくかのような恐怖感は特筆に値すると言っていいほどのものだった。

バイオらしい怖さではないものの、これはこれでありだなと思ったんだけど・・・

 

しかしここら辺がピークで、豹変ミアも狂った家族も割と早々に退場するので、その後は尻すぼみで全然盛り上がらなかったイメージ。

家族もジャックに追い回されるのは怖かったけど、変異マーガレットなんてギャグにしか見えなかったし。

 

ジャックは変わり果てた姿で再登場するけど、怖いのはアレが最後かな。
デザインの不気味さに加え、終盤に明かされる真実を知るとあんまりにも哀れな末路だということが分かり、ここら辺まではまあ楽しめた。

 

 

 

ルーカスのゲームなんかはもう完全にどっちらけ。

これはもう少し早い段階で出してたら、序盤の狂った人間を相手にする恐怖として引き立ったかもしんないけどね。

正直ここら辺からはかなり冷めてて、最後まで惰性でプレイしたって感じ。

 

廃船も(操作キャラが変わるので仕方ないが)装備アイテム全没収の状態から始まり、怖いシーンも特にないのでただただダルかった。

 

 

 

敵が怖くないし種類も少なすぎるし、戦闘がつまらないし・・・

本作の代表的なザコ敵、モールデッド。

 

 

代表的というか、ザコはこいつしかいないんだよね。

あ、虫もいたわ。タダのデカい蚊だかハチなんで全然印象に残ってなかった。
出番も少なかったし。

 

なんでまあ、昔のバイオのゾンビポジション以上に出番の多いモールデッドさんなんだけど・・・

四つん這いで動きが速いとか、胃酸を吐きかけてくる肥満型とか亜種は何体かいるし対処法もそれぞれ違うんだけど、見た目が(ほぼ)同じじゃあ飽きてくるのよ。

そして基本型でも強いのがムカつくね笑

 

 

バイオ2のリッカーもゾンビの亜種なんだけど、外見は一目で分かるほど全然違うし、脳みそむき出しだったりデザインのインパクトも強烈だしさ。

一部の形状がちょい違う程度のこいつは亜種が出てきても、「あ、はい。そうですか・・・」ぐらいにしか思わなかった。デザインって大事よ、やっぱ。

 

同じような敵ばかりじゃメリハリに欠ける。

 

 

 

 

頭狙ったら「顔!顔だけはやめて!!」って感じで手で顔を覆う動作といい、怖いどころかむしろ見た目含め愛嬌すらあると感じるのは僕だけ?笑

 

 

 

戦闘はねえ・・・元々僕がプレイ済みのバイオでも爽快感があるものではなかったんだけど、昔の作品以上に退屈だった。

主人公の動きが遅すぎて、走って逃げても追いつかれて攻撃食らうほどもっさり。

過去作にもこちらより速い奴らはいたけど、ラジコンやTPS視点の操作なら回避も比較的簡単だったしね。バックステップでもあれば大分マシになったと思うが。

 

武器の種類も少ない。FPS視点なら近接武器にもっとバリエーションが欲しいところ。
特定の敵との戦闘限定で手斧やチェーンソーが使えるけど・・・。

 

あと初見殺し多すぎ。
死んだ後のロード画面でヒントが出るので分かるけど、死ぬまではそんなん分かるかい!ってトラップや攻略法が多い。

マーガレットに至ってはボス戦であることにすら気付かなかった。
ジャックみたいに倒せず逃げるパターンだと思ってたわ。

 

 

 

 

ストーリーも微妙

ラスボスがねえ。

生い立ち自体は端的に言えば愛情に飢え、人間社会に馴染みたかっただけの人工生命体(生物兵器)なんだけど、能力がなぁ・・・人間の精神支配したり化物生み出せたり、幻聴や幻覚見せたり何でもありすぎてどうもシラケちゃったというか。

※その辺の能力に関しては一応、真菌(カビ)によるものだと説明はされるがあまり釈然としない。
 脳にカビを寄生させて操るというわけだが、いくら何でも都合の良すぎる設定だと思う。

 

1リメイクのリサみたいに倒すのはかわいそうなキャラなんだけど、ここまでくると最早バイオハザード(生物災害)っつーかオカルトじみてんだよね。

ただ、海外タイトルのレジデントイビルってのは身近に潜む悪魔って意味なので、こういうオカルトっぽいのもありなんだろうか・・・?

いやでもこいつ、能力がなんか心霊じみてるだけで結局は生物兵器だしなぁ。

 

 

括りつけられた無数の赤ん坊の人形。
確かに気味悪いんだけど、こういうのってバイオじゃなくサイレントヒルとかのイメージ。

 

 

ベイカー家の真実を知ることができたという点では良いんだけど、精神世界で会話するとかもどうなんよ。

こういうのも含め、なんかバイオっぽくないんだよね。

 

っても、前述したとおり、まともに遊んだのは1~3および、1リメイクとRE2ぐらいの僕が言うのも変かもしれないが。

 

 

本作は評判を見ているとバイオじゃない! いやいや、これぞ原点回帰だと意見が見事に分かれている。

ターニングポイントととなった4~6を遊んでない僕の意見としては、これはバイオとは違う何かって感想だなぁ、

最後にちょろっとクリスが出てくる程度で過去作とのつながりが薄いのも、余計そう感じるのかも。

 

※未プレイではあるが7以前の作品にはレオンやレッドフィールド兄妹、ジルやエイダなど
 おなじみのキャラが登場し続けていたことは知っている。

 

 

 

ゾイの扱い酷すぎ!

ベイカー家唯一の良心であり、電話を通してプレイヤーをサポートし続けてくれるゾイ。

通話のみで長らく姿を現さない、ようやく出会えたかと思えば直後に死ぬ。

 

ストーリー上極めて重要な人物なのにこれでいいのか。扱いが雑すぎやしないか。

 

 

終盤、ミアとゾイ、2人のヒロインどちらかしか助けられないという選択を迫られる。

僕は単純にゾイのが好みのタイプなので

・・・もとい、ミアは夫婦喧嘩でもしようものならチェーンソーでも持ち出してきそうで怖いってことで彼女を選んだら、この直後にご逝去なされた。

 

 

有料DLCのEND OF ZOEでその後助かったことが判明するそうだが、こちらは彼女の扱いが酷すぎるという声が多いために制作されたという噂もある・・・しかしあくまで噂だし、掘り下げ不足なのは分かっていたと思うので、実際のところ最初から制作は決まっていたんだろう。多分。

 

 

 

 

3D酔い注意!!

本作はアイテムの配置がかなりイヤらしく、ゴミゴミした机の下だとか棚の隙間に弾薬など貴重なアイテムがあったりするため、カメラをグリングリン動かしながら動き回ったりしゃがんだりする必要があるので、酔いやすい人は瞬殺レベルかもしれない。

一定時間アイテムの位置を表示するお薬があるので、この配置は恐らく意図的なものなんだろうけどキツかった。

吐きそうになるほど気持ち悪くなることもあったんで、休憩を挟むことが多くプレイが小刻みになりがちだったのも、途中からシラケ始めた原因の一つだったのかも。

 

 

オプションから移動時のカメラの揺れをオフにできるので、耐えられない人はこれで多少マシになるかもよ?

僕は最初っからオフにしてても酔いまくったけどな!

 

 

 

 

フルに楽しみたい場合はDLC全部入りのゴールドエディションがお勧め。
Xboxは北米版になっているが、音声、字幕共に日本語対応。

本作はSwitchでも発売されているがパッケージ版は存在しないようで、クラウドゲームでのみ遊べるようだ。

詳しくは以下の任天堂のサイトをご覧あれ。

 

 

 

まとめ

序盤がピークで中盤からダレ始め、終盤は虚無ってのがクリアし終えての感想。

”掴み”の部分の怖さは最高だったので、これを最後まで維持できていたら神ゲーだったのに。

戦闘がイマイチなのはホラーゲーだから優先するものではないとしても、怖さもストーリーも微妙だから余計気になっちゃうのかな。

 

ただ、本作はVRに対応しており、そちらでプレイするとめちゃくちゃ怖いという話を聞くので、VRか否かで怖さに関する感想は大幅に変わるのかもしれないね。

 

 

過去にプレイしたバイオはいずれも何周もクリアしたけど、本作は1周だけでお腹いっぱい。

クリスを主人公とした追加シナリオのみ、無料配信されているそうなので後はそれやっておしまいかな。

 

 

-ゲーム, ★★★☆☆
-, , ,

Copyright© Peter's Life , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.