ドクターマリオワールドを遊んでみた感想 【スマホアプリ】

※当ブログの記事には広告やアフィリエイトが含まれております。

 

どうも、Peter@peters_life0801です。

昨日からスマホアプリ・ドクターマリオワールドの配信が開始されたね。
ちょっと遊んでみたのでゲームの紹介を軽くしてみよう。

遊び込んでからそのうちレビューも投稿するつもりだよ。

 

2019年7月17日追記:
レビュー記事投稿したよ!

 

 

これぞ新しいドクターマリオ!

最初これを配信するって聞いて、ドクターマリオは確かに結構面白いけどスマホアプリにしてどうすんだよ・・・とか思ってさ。

実際遊んでみると当たり前だけど、色んなアレンジがされていて現代版ドクターマリオって感じに仕上がっていた。

まず遊び始めてすぐに分かる違いは、カプセルを下から上へ移動させるという点。
ファミコン版では上から投げ込んでたよね。

 

 

さらなる違いはファミコンでは同じ色を4つ繋げると消せていたのに対し
こちら、ワールドでは3つ繋げることで消すことができる。

また、消したカプセルの片割れは過去作ではそのまま落下していくのみだったんだけど、このゲームでは自由に操作ができるので、片割れも狙った場所へ配置することができるわけさ。

例えば上の画面だと左の列にカプセルをこのまま横向きで置いたら、右半分は余っちゃうよね?
操作が可能なので残った右半分を右端の列に乗っけて、カプセル1個で離れた2つの列を消すこともできちゃうってことなのさ。

 

 

多彩なルール

キャンディクラッシュのようにステージ進行型。

このマップ画面に点在するコインをタップすると拾えるよ。
あんま意味はないとは思うけどチリも積もれば山となる・・・ってことで、気が向いたら拾っておこう。

 

 

ステージによってクリア条件が変わることも。

 

全てのウイルスを消すというものだけでなく、上の画像のように
隣接するウイルスを消すことでブロックを叩き、中から出てくるコインを集めるというルールなんかもある。ブロックを叩いてコインゲット。マリオらしい要素だね。

 

 

キャラクター選択

 

ある程度進めると使用キャラをマリオ、クッパ、ピーチの3人の中から1人だけ選択することになる。ここはスマブラでお世話になっているピーチを選んでみた。

ところで・・・

この初期メンバーってマリオ世界のメインキャラばっかだよね。でも1人足りない気がするんだよ。
ほら、あの緑の・・・名前何だっけ?

まあいいや。

 

各キャラは、ランダムで縦1列だけ全てのカプセルやウイルスを消すなど独自のスキルを持っている。他、攻撃力や防御力などが設定されており、こちらは対戦でのみ影響する模様。

選ばなかったキャラも後々、ガチャで入手できるらしい。

 

サポートキャラ枠もあってこちらは2人つれていくことが可能。

クリボーならつれているとスコアが1%増えるという効果。

・・・・・・・・・あんま意味なくね?

まあ、所詮はクリボーだしな・・・。

 

 

対戦モード

世界中のプレイヤーと対戦可能。

ウイルスを消すごとにゲージが溜まっていき、溜まりきると相手へお邪魔ブロックを送ることができるので、先にブロックが下まで詰まってしまった方の負け。

対戦物パズルではオーソドックスなルールだ。

 

このモードで先ほどちょろっと挙げた攻撃力や防御力が関係してきて、

・攻撃力が高いほど相手へ送るブロックの数が増える

・防御力が高いほど相手のお邪魔ブロック攻撃を無効化する確率が上昇する

という効果がある。

 

一定回数勝利するごとにご褒美あり。
ただ面白いんだけど難点として、時々ラグいことがある。

設置場所が1個分ずれるだけで死活問題になるんだよね~。
でも海外の人(?)相手だとラグは仕方ないのかな。

 

課金要素

ライフ回復、お役立ちアイテム購入、ガチャなどに使用。

アイテム購入やガチャはステージクリアなどで入手できるコインで買うこともできるけど、
キャラクターガチャは高めなので無課金ではそう何度も引けるものではなさそう。

※ガチャ1回4000コインに対し、ステージクリアで入手できるのは150ほど

 

 

まとめ

なんか想像してたのよりずっと面白いかな?
多分進み続けるとキャンディクラッシュみたいな運ゲーになっちゃうんだろうけど。

あと懸念してるのはキャラクターガチャなんてのがあるんでパワーバランスだね。
一人用ならともかく、対戦でめちゃくちゃ強い激レアキャラとか出てきやしないかとちょっと不安。

でも現状、かなり楽しめてるんで隙間時間などにちょこちょこ遊んでみようと思う。
基本無料なんで、気になったらぜひ遊んでみてね。

 

タイトルとURLをコピーしました