【評価/レビュー】 スターデューバレー 【STARDEW VALLEY】

※当ブログの記事には広告やアフィリエイトが含まれております。

 

どうもこんにちは、Peter@peters_life0801です。

ホームタウンでは桜が満開、暖かくなって春らしやすくなってきたね。
スターデューバレーでの生活も1年が経過し、新たな春が来たのでそろそろレビューしちゃおうか。

前回の少しだけ遊んだ時点での感想記事はこちら。

 

 

どんなゲーム?

前回記事でも述べているけど、めっちゃ牧場物語。

家畜の世話をして作物を育て、それらを出荷してお金を貯めていく。何か目標があるわけではないけど家を改築したり結婚したり、やることは盛りだくさん。地域の行事も充実している。

そうそう、結婚と言えば本作では異性のみでなく同性婚も可能だったりする。こういう問題に対する考えが広まり、多様な価値観が認められるのは良いことさ。

 

 

良かった点

長時間プレイでもダレない

大小様々なクエストがあり、常に何かしら目標が掲げられているような状態が続くので中だるみしない。

こういう日常を繰り返すゲームを触ったことがある人なら分かる方も多いかと思うけど、その目標へは一気に到達できずにジンワリジンワリ進んでく感じ。

一気に大きく変化はしないけど、少しずつ周りが変わっていくのが楽しいっていうのかな。

クエスト達成や次のお祭りが楽しみだったりで、今日1日やったらもう終わろうと思いつつ、気付いたらそのまま何日もダラダラ遊び続けてる感じだね。

(もち、ゲーム内時間での1日だよ)

 

 

ドット絵がキレイ

SFC後期~PS中期ぐらいのドット絵かな。
この辺からゲームやってる世代だと結構惹きこまれるんじゃないかな。

 

 

住人が個性的

前回記事で書いたけど最初は村八分状態。が、この人たちはアレだ。ツンデレだ。

最初っから親切な人も何人かいる一方で、めっちゃ嫌な奴もいるんだけど、打ち解けるにしたがって各住人の色んな側面が見えるようになってくるんだ。

牧場物語同様に友好度があり、上がるとキャライベントが発生したり会話内容が変化したりしてね。

 

結構、リアルな等身大の悩みを抱えてるキャラが多くて深いなぁと。
人間関係の深みは本作の魅力の一つと言ってもいいんじゃないかな。

最初はこいつらクソだな! とか思ってたけど今はみんな大好きさ。

 

 

気になった点

アイテム持てる数が少なすぎ

最上位のかばんを入手してもなお、登場するアイテム数に対しアイテム欄が少なすぎる。鉱山などダンジョンに潜ろうものなら、常にアイテムの取捨選択に四苦八苦する羽目に。

農具や武器など常に使うようなアイテムは別枠にしておいてほしいな。
これだけでかなりアイテム欄が圧迫されるからね。

作物はともかくそこらで拾える野草ですら無駄に等級分けされ、等級が違えばアイテム欄も別に消費するので、これもかばんを圧迫する大きな原因になっている。

 

 

保管用木箱はあるけれど・・・

いくつかアイテムを預けられる木箱。要するに道具箱が簡単に、大量に作れるんだけど、先述した農具や武器、町の住民に配る日常的に必要なアイテムだけでも相当数の枠が圧迫されちゃうので、根本的な解決にはなっていない。

まあ、これが無かったら地獄なんだけども。

 

 

砂漠の洞窟が運ゲーすぎ!

クエストの一つにダンジョン・ドクロの洞窟25Fへ到達するというものがあるんだけど、
これを達成するのには装備品の強さどうこうでなく、かなり運に左右される。

このゲーム、ダンジョンで下の階層へ行くには岩の下に隠されている、
もしくは敵を倒したときに稀に出現する梯子を発見する必要があるんだけど、これが運が悪いとなっかなか見つからない。

岩を壊すにはエネルギーが必要。これはまあ回復アイテム持ち込みでどうにかなるけど、
牧場物語同様、一定時間を超えると有無を言わさず気絶してしまうのさ。

ゲーム内のステータスにも運があってこれが高い状態だと梯子が出やすくなるそうだけど、運が高い状態でも出ない時は全く出ないんだよなぁ。

 

まとめ

インベントリ関連以外に大きな不満は無いし、インディーズ作品にしちゃかなりレベルの高い作品だと思う。ライフシミュレーション系のゲームが好きならば、1480円分のモトは余裕で取れちゃうはずだ。

本作が牧場物語にインスパイアを受けて作られたことは有名だけど正直、最近の本家よりも面白いかななんて。

XBOX-ONE、PS4、スイッチ、PCにスマホと色んな機種で発売されてるので、気になる人は是非。
ハマれば時間を忘れちゃう良作だよ。

 

タイトルとURLをコピーしました