遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

Peter's Life

雑記

【ザザースザザース】 アニメ・邪神ちゃんドロップキック 一気見の感想 【ナスナザース】

更新日:

※当ブログの記事には広告やアフィリエイトが含まれております。

 

やあどうも、Peter@peters_life0801です。

 

邪神ちゃんドロップキック。
原作は好きなもののアニメは見たことがない、ということでこの度、アマプラで一気見したので本日は感想でも。

 

アニメ見る習慣がなくってね。
加えて途中で飽きて見るのをやめちゃうことも多いし。

サブスクでちょこちょこ小さい頃に見てたものなんかを視聴したりはするけど、リアルタイムかつ途中離脱せず見たのは鉄血のオルフェンズが最後かな。

あれももう7年ぐらい前なんだな・・・。

 

 

今回、動画のリンクをベタベタ貼っているので重いかも。
公式とは思えないレベルで切り抜きが豊富にあるから、説明する側としては助かるね!

画像の方が軽いだろうけど、勝手に一場面を切り出して貼るのは嫌だし。

※漫画なんかだと引用の範囲なら使うのは一応OKらしいが、アニメはどうなんだろ。
 どっちにせよグレーっぽいのでそれもやりたくないけど。

 

どうでもいいけど、全裸の美少女が主人公なのにまったくエロスを感じないのって凄いよな。

人と同じ姿(下半身除く)なのに服着てるほうが変に見えるキャラなんて、他にいるもんなのだろうか。

 

 

 

スポンサードサーチ

ところで邪神ちゃんって何者?

原作はComicメテオで連載中のギャグ漫画。
2012年連載開始なのですでに10年以上続いているという長寿作品でもある。

あらすじなどは広く知られているだろうし割愛。
と言うかそもそも、邪神ちゃんを知らない人がこんな記事を読むだろうかってね。

 

誰でも知っているというレベルの作品ではないだろうけど、熱心なファンが多く
アニメ制作のクラファンでは1億超えたんだっけ? ギネス級の記録を打ち立て、確か申請中だったはず。

1億超えた瞬間にエキュート様がライブ配信してたような記憶が。

 

もし知らないならこれを見るだけでOKだ。

 

 

見よ! これが邪神ちゃんだ!!

力強いタイトルから分かる通り、わずか20秒しかないが主人公の魅力はこの動画内の勇姿に詰まっている。

 

 

 

 

鈴木愛奈さんの熱演がやばい

いやもう、こんなに邪神ちゃんに合う声は他にないだろってぐらいハマってる。

声質もあるけど場面に合わせて変わる演技が凄いよね。
調子に乗ってる時の声色なんか、煽りカスの邪神ちゃんを本気で殴りたくなってくるって言うか笑

 

 

 

不様で情けない時のヘタレ声も邪神ちゃんそのものって感じだし

 

 

 

怒りで我を忘れてる時の声も凄い。
小さい子供がこんな怒り方することあるけど、いい大人(?)でもやっちゃうのが邪神ちゃんクオリティ。

段々ろれつが回らなくなっていくのが本当に怒り狂ってる感じで良いね!
原作でも何言ってるか分からないようにされてたけど、それを自然に再現した見事な演技だ。

 

ちなみに翻訳するとこんな感じ。

 

あと一歩でゆりねをぶっ殺せるところだったんだぞ!
どんだけ苦労したと思ってんだこのクソ堕天使! お前ほんと何やってくれてんだ!
私の苦労なんてお前には分かんねえだろうな! なんでこんなことになってんだ!

 

最後のほぎゃげびびみたいなのは分かんない。多分セリフの途中で動画も終わってるし。

ちなみにこれ、アドリブなんだそうな。

 

 

熱演というか怪演の類かもしれないが

この鈴木さんの演技は、僕を本作に夢中にさせるのに大きく貢献していたように思う。
もう邪神ちゃん本人なんじゃないのかこれ、と思ってしまうレベルだ。

他のキャラクター達もイメージ通りの声だったし、良い配役してたなぁ。

 

 

 

挿入歌を自ら歌うことも。コブシやビブラートがしっかり効いてて歌唱力が高いし、地声じゃなく
邪神ちゃんの声で歌えてるのが凄い。

 

(滅多にアニメ見ないのもあるけど)今まで存じ上げていなかったが、鈴木さんの名は二度と忘れることはないだろう。

凄まじいインパクトだった。

 

 

 

アニメならではの表現やオリジナル要素もGood!

上の罵り動画もだけど紙面だけじゃ伝わりにくい、表現しにくい要素の数々が
しっかり違和感なく再現されていて好印象。

ドロップキックやRCHの躍動感、原作よりも強調されているATMネタなどなど。

ちょくちょく入る悪魔のしょーもない(褒め言葉)語りも作品の雰囲気によく合っている。

 

第三期のみ各自治体とのタイアップの関係でオリジナルの話が多く、評判も少し悪いのだが私的にはこれも楽しめた。

邪神ちゃんのノリで観光番組見れちゃうのは楽しくていいね。
行ってみたいって気持ちにさせてくれる。

話数が限られているので、ちゃんと原作の再現をしてほしいという意見も分かるんだけど。

 

何やっても「まあ邪神ちゃんだし」で済んじゃう懐の深さも本作の魅力だと思うので、オリジナル要素満載ではっちゃけまくってくれるのは全然あり。

富良野市とはトラブルがあったようだが、あれも傍から見てる分には笑える。さすが邪神ってね。

※スタッフの方々は対応が本当に大変だったと思うので、それを思うと心苦しくもあるんだけど。

 

ちょろっとだけ個人的な意見を言っておくと、元々ブラックなギャグが売りなんだし
あんな程度で地域のイメージが崩れるというなら、タイアップしちゃ駄目な作品だろう。

多分どんな作品かも確認してない人らが批判してたんだろうけど。

 

 

 

閑話休題。

今年2023年末にも完全オリジナルのエピソードが公開予定。
(こちらはクラファン企画のものとは別枠で、1話だけのスペシャル番組)

邪神ちゃんに北斗七星の人と同じぐらいの強さがあれば、さすがにゆりねにも勝てそうだが・・・どうせ形だけなんだろう。

他の作品なら叩かれまくりそうだけど、こういうノリも邪神ちゃんなら笑って許してしまえるのだ。

 

何をやってもそういう作風だから、で済ませられるという点ではこち亀に近いものを感じるね。

 

 

 

不満点

個人的にはないけど、第1話がいきなりすき焼きのお話で
メデューサやミノス、ぺこらなどある程度キャラが出揃った状態で開始している。

邪神ちゃん以外の悪魔や天使が何故人間界にいるのかなど、説明が一切ないので原作を知らない人は面食らうんじゃないかなと。

それぐらい。

 

 

 

 

まとめ

 

アニメ見る前からYoutubeの配信なんかは追い続けていたんだけど、ファンは勿論のこと、制作側もこの作品を深く愛してるのがめちゃくちゃ伝わってくる。

絶え間なく続く配信企画や狂った切り抜き連投、違法アップロードへの煽りなど、公式が邪神ちゃん本人じゃないのかってノリで作品外でも楽しませてくれるんだよな。原作愛が無いとあんな立ち回りは絶対無理だよ。

 

原作は勿論のこと、アニメなど含めまだまだ色んな企画が進行中の邪神ちゃんドロップキック。

今後とも楽しみながら追い続けていきたいね。

 

 

p.s.

このアニメを見る前からわらわナイトは視聴していたため、エキュート様=Vtuberというイメージが勝手に頭の中で強くなっている。

なので(原作通りのはずなのに)邪神ちゃんドロップキックのキャラクターとして、アニメ内でバカやってるのが何故か逆に新鮮に見えた。

漫画版読んでるのに。

 

番組やイベントの宣伝したり、人生相談に乗ってるイメージが強すぎる笑

 

-雑記
-

Copyright© Peter's Life , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.