遊んだゲームを中心に色んなものをレビューしちゃうブログ。プレイ日記なんかも投稿するよ!

Peter's Life

ゲーム

【ライブアライブ・リメイク】 最終編 キャラクター性能 所感

更新日:

どうもです、Peter@peters_life0801です。

 

最終編の各キャラの使用感を独断と偏見でまとめてみたよ。

あくまで僕が使ってみた感想なので、もっと上手い運用法があるかもしれない。
なのでエアプっぽい箇所もあるかもしれないけど、ご容赦願いたい。

 

 

 

スポンサードサーチ

アキラ

SFC版では最弱候補の一角だったが、このリメイク版では事前に告知されていた通り使いやすく調整されている。

主に技のダメージが底上げされているほか、待機時間が大幅に短くなって格段に使い勝手が向上。

 

分かりやすく特大ダメージを与えられる技こそないものの、ジャマ―としては間違いなく最強。

弱かったホーリーイメージがボスクラスの敵にもガンガン、状態異常や最高レベルのデバフを与えるのでマジ強い。

 

威力は基本いまいちだが弱点属性を突いた場合は200ぐらい出ることも。この技の本命はあくまで状態異常とデバフだけどね。なお、画像のジャギィイエッグさんたちはこの直後、2体が石化でご逝去なされた。ボスなのに。

 

 

広範囲でそれなりのダメージを叩きだすシャドウイメージや
範囲が広がりほぼ即時発動するようになった上、ダメージも上がっているホーリーブロウなども優秀。

対象が単体ではあるが回復技を持っているのも便利。

 

また、リメイク版では属性が昔より大分重要になっている気がするんだけど、アキラは属性の種類が豊富なのも強みだね。

あらゆる状況に対応していける。

 

ステータスは特攻、特防が非常に高く物防も割と高め。
HPは少し低いがまあ問題ないレベル。一気に倒されて事故るほど脆くはないはず。

素早さが低め、物攻は貧弱の一語に尽きるが大幅強化を受けた今作では
ローキックが生命線ということはないため、問題ない。

と言うかコロコロムシやマスタードラゴン相手にぐらいしか使う機会もない。

 

ホーリーイメージのデバフはリメイク版でも物攻(力)依存なのかな?
ド根性グラブの補正だけでも特に困ってやしないけど・・・。

 

今回、最終編へのアイテム持越しが全部できるようになっているので、主に原始編の優秀な装備によって特攻は簡単にカンストさせられる。

特攻が150になったら素早さを底上げするのが良いのかな。

 

 

 

レイ・クウゴ

相変わらず強い。

 

 

固有技・画竜点睛の陣がダメージ高いし待機時間短いし、全体攻撃だしで鬼。
一度この技を知ってしまうと、もう彼女なしの編成は考えられなくなるぐらい便利。

大ダメージ+即時発動の旋牙連山拳も強力だし、自身の強化もできる回復技・虎咆精気法も優秀。

色んな技があるけどこの辺だけでも大抵の場合は戦っていける。

 

ステータスは全体的に高水準。

物/特攻、素早さ、次いで特防が非常に高い。
HPと物防が並程度かな? 技、ステータスともに穴が無い万能キャラ。

 

 

 

 

おぼろ丸

こちらも相変わらず強いが、SFC版に比べるといくつかの技の火力が落ちた気がする?

矢車草が弱くなっているような気がするが、ダメージだけを追うなら影一文字が今回も優秀。

 

 

ヒット数に左右されるが忍法夢幻蝶も強い。こちらは強化されたっぽい。

 

なんだかんだ言っても遠近対応できるし、範囲攻撃や属性も豊富なので汎用性は高く強いやすい。

あらゆる状況に対応できるため、とりあえずメンバーに困ったら入れておいて損はないキャラクター。

 

HPと物攻が並程度なのを除けば他はすべて高水準。
特攻と素早さは簡単にカンストまでいく。

 

 

 

高原 日勝

パラメーターが細分化され、名前も変わったことで知力25の汚名を返上した男。
ただし知力の役目を果たす片割れである特攻は貫禄の25固定。

特防の方も初期値は同様だが、こっちはレベルが上がればそれなりに伸びていく。
もう状態異常におびえる日々とはおさらばだ。

 

ナーフされたとはいえ通打は今回もなかなか強い。
ただし特攻が低すぎるためにそのままではデバフが全然入らないので、装備品での補強は必須。

90もあれば体感、大分入りやすい。

 

 

ステータスだけ見れば脳筋なんだけど火力はやはり微妙。

 

 

HPがカンストしやすく生存能力が非常に高いため、特攻を補って敵の攻撃を引き受けながら
通打で嫌がらせをするのが良さそうかな?

ということで今回もタンク兼 脳筋ジャマ―という変なポジションに落ち着いている。

 

大激怒岩盤割はぶっちゃけ画竜点睛の陣の下位互換だけど、高原の仕事はダメージを出す事ではない。

強みを活かせば存分に活躍できるキャラクターだ。

 

 

 

 

サンダウン

ナーフした・・・らしいけどハリケンショットが相変わらず狂ってる。
多段ヒット技の仕様変更によって全弾命中は基本的にしないけど、弱点属性でなくっても安定して450↑
カンスト(999)も結構見かける程度には強い。

攻撃属性の偏りが酷く飛と風の技しかないが、ハリケンショットがあればそんな困らなさそう。

 

 

ステータスは素早さを筆頭に特攻/防が高い。
屈強そうな見た目に反してHPがキューブを除けば最も低く、物防も高くはないので事故りやすいのが弱点。

遠距離主体なので離れていればあまり狙われない・・・かも。
(遠距離攻撃のある敵でも、近くにいる味方を狙いやすい気がする)

 

なんにせよ位置取りには注意を払いたいキャラクターだ。

 

 

 

ポゴ

ドデゲスデンの一撃の重みは魅力的だが、自身のステータスが強烈に下がるデメリットが酷いのは相変わらず。

ほかの技はいまいちダメージが出ないし、原始人のイメージに反して特攻依存で妨害用の技が多いが
ジャマ―としての能力は中途半端など、私的にはかなり使いにくい。

 

 

HPは高原に次いで高水準、物攻/防の高さは圧倒的。
特攻は初期値が低いが成長率は悪くない。

 

高原同様に生存能力に優れているので、ポゴも特攻を上げて攻撃を引き受けながら
デバフや状態異常で嫌がらせをするのが良さそう?

しかしそれも通打の方が優秀だし、壁役にしないなら妨害のスペシャリストのアキラがいるし、キャラ愛がなければ厳しいか。

まあ幸い誰を使ってもクリアできるバランスだけどね。

 

タンク役にする場合、特防が低めなので状態異常が怖い。装備品で補強すべきかも。

 

 

 

キューブ

ロボットであるためレベルは初期値の7から一切成長しない。

その分初期ステータスは高めで特攻/防は素で最大値である99だし物防も96という高さ。
機械ゆえにほとんどの状態異常を無効にしてしまう特性を持っているのも強み。

 

しかしHPが240、命中と回避が共に22しかないという致命的な弱点を持っている。
敵のドロップ品である強化パーツによってHPは10、命中回避は1ずつ上げられるが、滅多に入手できないので周りにどんどん置いていかれる。

気の遠くなるような時間が必要だろうが、強化パーツを集めまくれば理論上は最強クラスのキャラになるんだけど・・・。

最終編よりも入手しやすい気がする近未来編で集めておくと良いかもね。

 

追記:
タロイモに全部食わせたから気付かなかったけど、強化パーツの持ち込みはできない模様。

 

 

貴重な範囲回復技・ハイスペードオペが優秀。
回復量はそんなでもないけど反撃でも発動するため、味方をキューブの周りに密集させておけば鉄壁の守りとなる。

また、主に近未来編で入手できる機械類を装備すれば技が増えるが、特別強いものはこれといってなさそう?

 

 

-ゲーム
-, ,

Copyright© Peter's Life , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.