【百英雄伝】 悪い / 気になった点 まとめ 【面倒、不便 etc…】

※当ブログの記事には広告やアフィリエイトが含まれております。

 

どうもこんにちは、Peter@peters_life0801です。

 

遊んだ感想を紹介する記事を書くにあたって、本作の場合は気になる点があまりにも多いため
長くなりすぎてしまいそうなので別途用意することにした。

一応弁解しておくと決してなじりたいだけだというわけでなく、このゲームはベース自体は悪くないと思うんだよ。

ただ、あまりにも遊ぶ側への配慮が無いように思う・・・しかし、今からでも直せそうなものも多いので、こんな不満点があるということが伝わればいいなぁと。

一つ一つなら我慢できる、そんな気にならないという要素が積み重なりすぎて、ものすごく遊びにくくなっているイメージ。

執筆時点でそろそろ終盤(プレイ時間は48時間)だと思うのだが、進めるのが辛くなってきてギブアップを考えてるんだよね・・・。

無駄な演出のスキップ機能の実装やUI周りを手直しするだけで、個人的な評価は一気に上がるんだけどな。

 

 

全体的にテンポが悪すぎる

機種によってはロード時間などの面でも悪いようだが、自分が遊んでいるXbox series Sではそこは問題なし。とりあえずあまりに多いので箇条書きにしていこう。

 

・イベント多すぎ、会話長すぎ
ファーストインプレッション記事の方でもぼやいているが、一度で済むような内容を複数のイベントに分けているように思えるし、会話もダラダラ長くもう少しコンパクトにまとめるべき。
また、メッセージの表示速度が遅い上に変更できないのも良くない。

 

・ミニゲームあれこれ
戦争、カード、ベーゴマetc…どれも特に見ごたえがあるわけでもないのに演出がやたら長く、早送りやスキップ機能がないため物凄く時間がかかる。

数は多いものの内容もどれもこれも作り込みが足らず、つまらないのもなぁ。
完全におまけでやる必要のないものだったら構わないのだが、ストーリー進行上で絶対クリアせねばならないものがあるし、それ以外でも仲間の加入条件になっているため無視するわけにもいかないのは、かなりのストレス。

 

・総じて無駄な演出が多い
ファストトラベルをする度に発動/終了時にキャリーが喋る演出は絶対いらない。
キャラクターとしては好きなのだが、さすがにうんざりしてしまう。

 

他にはアイテム鑑定や施設建築、鍛冶などなど・・・一回一回は短くても何度も繰り返すとなればストレスは大きくなってくるし、かかっている時間も累計では相当なものになるんじゃないだろうか。

というか鍛冶は何故、1レベルずつしか上げられないのか。

 

 

UI全般がひどい

こちらも多いので箇条書きに。
レトロライクな作品ではあるが中身までレトロ ── と形容されることが多いが、昔の作品でもここまで不親切なものはそうそうないような。

 

・使いにくすぎるマップ
扉の位置に緑の線を引いてくれているのは見やすくてありがたいのだが、何故どこに通じているのかまでは教えてくれないのか。

他には階層切り替えなど必要な情報がないのに、拡大/縮小機能があるのもよく分からない。
このマップの仕様だとサイズを変えられる意味は無いように思うのだけど・・・。

全体マップだけでなく、北向きで固定できずグルグル回るミニマップもきつい。
方向感覚が狂う。

 

 

・待機メンバーの装備を変更できない
宿屋などで編成ができるのだが、本拠地以外ではわざわざ一度編入しないと装備変更できないのが不便すぎる。

というか本拠地を推したいのは分かるが、編成に限らず他の場所でできることに制限をかけすぎていて不便。倉庫はどの街でも使えるか、せめて持てなくなったアイテムを送るなりさせてほしい。

リアルさよりも遊びやすさを優先した、バイオハザードのアイテムボックスを見習ってほしいね。
※初代バイオ開発中、当初はリアルさを出すために現在の四次元仕様ではなく、それぞれ独立させる予定だったそうな。

わざわざ図書館に行かなきゃ見ることができない図鑑の仕様もひどいよ。

 

・ルーンあれこれ
付け替えが店でしか行えない。そして何故この施設が存在しない街が複数あるのか。

あとこれは後段の戦闘バランスの箇所で言うべき問題かもしれないが、単純に自由度が無さすぎる。ステータスUP系、魔法系、必殺技系など複数の系統があるが、レベル上昇に従って開放されるスロットはキャラごとに系統や数が固定されており、ステータスが低い上にルーンでも不遇なキャラの立つ瀬がない。もう少しバランスに気を配ってほしい。

 

・インベントリきつすぎ
60まで拡張できたがまだきつい。
消費アイテムの6個や2個で一枠だとか、半端なスタック数は一体何?

回復アイテムを大量に持ち込めず、リソース管理させることでバランスを取っている、という意見は理解はできるのだがこのゲーム、後述するが硬いキャラを複数入れていればそんなにアイテムいらないぐらいぬるいからなぁ。ただ煩わしいようにしか思えない。

この理屈で消費アイテムは良いとして、せめてルーンぐらいはスタックさせてくれないだろうか。
性能差があるわけでもないのに。

 

・渡せない素材アイテム
一部のキャラは仲間になる条件として、特定の素材アイテムを要求してくるのだが倉庫に入っている物を渡すことができず、またダンジョンへ潜ってわざわざ取ってこなければならない。
ちなみに素材アイテムは本拠地帰還時に勝手に倉庫へ納入される上、引き出すことはできない。

(持っていても基本的に意味はないため、本来ならば自動納品はありがたい仕様のはずなのだが)

所持しているのに渡せないアイテムを入手するため、戦闘してもすでに実入りのないダンジョンの探索を強いられるのは時間の無駄でしかないよ・・・。

 

三つのアイテムを要求されているが、入手できるのは全部別の場所・・・。

 

・ダッシュの仕様
申し訳ない言い方だがこれは本当にクソ。
ダッシュをするのには特定のアクセサリーの装備、もしくは仲間をサポートに設定する必要があり、アクセサリーは各キャラ一枠、サポートは全体で一枠しかないので、どちらを選ぶにせよ貴重な枠を割かなければならない。

FF6のダッシューズを思い出したけど・・・2024年にこれはさすがにちょっと。

 

・メニュー画面が使いにくい
よく言われるもっさり感は私的には許容範囲内。未だに慣れられないのが項目の変更がLT/RTであること。

まずは方向キーで選んでAでその項目を開く、という普通の方式でよかったのでは。
そして各項目へ飛んだ後は方向キーでカーソル移動なのに、唯一ステータスだけはLB/RBで対象切り替えというのも統一性がなく混乱する。

 

・派遣の残り時間が分からない。
予備のメンバーを採集地に派遣することで、30分ごとにアイテムを入手してくれるのだがこれの残り時間を見ることができない。終わっても自動でまた出かけてくれるものの、行先を変更したい場合は残り時間がわずかなら、終わってから変えたいのに確認できないわけ。

 

・クエスト一覧がない
仲間になる予定のキャラなどから、どこそこで○○してきてくれという依頼がちょこちょこ発生するのだが、何の記録も残らないため、クリアを後回しにして忘れてしまうと面倒なことになる。メニューに専用の項目が必要だと思うのだけど・・・。

 

・勝手にメンバーが外れていることがある
イベント終了後、何の告知もなくメンバーが全員外されていることが何度かあり、気付かずに出かけてパーティの人数が1~2人のまま戦闘に入ってしまうこともあった。

物語の展開上、一時離脱するキャラもいたりするのは仕方ないが、せめて教えてくれないだろうか。
※抜けた後にそのまま編成画面へ移行する場面が大半であるため、たまに不意打ちで来られると困る。

 

 

オプションが機能不足

メッセージの表示速度が非常に遅いにも拘らず変更不可。
Aボタンを押せば一括表示できるが、メッセージの自動送りをオンにしていると何故かすっ飛ばしてしまい、次のセリフ(もしくは終了)へいってしまう。

自動送りをオフにすればボイス付きの会話を進めるのがだるくなるし、片手落ちにもほどがある仕様。

 

他、画面が(自分には)明るすぎる上に、被写界深度が狭すぎて背景がボケボケになるせいか、他のゲームに比べ非常に目が疲れるし痛くなる。

輝度(明るさ)、被写界深度も設定させてほしい。

 

 

戦闘バランスについて

キャラ間の性能差がえぐい。

それぞれ装備できる防具が違うのだけど、重装と軽装の差が大きすぎて例えば、重装キャラは一桁しかダメージを受けないような攻撃が、軽装キャラだと瀕死になってしまったりするほど。

多くの軽~中装キャラは武器の射程が長く、攻撃を受けにくい後列でも活躍できるのでまだ良いのだが、武器が近距離(前列からしか攻撃できない)で打たれ弱いキャラがあまりにも使いにくいというか、縛りプレイになるレベル。

※例えばリャン先輩なんかは打たれ弱いが高火力でミドルレンジ、素早い上に高確率でスタンを付与できるので強い。

 

しばしば戦闘の難易度が高いという意見を聞くが、ガオウやユーフェリウスといった高耐久キャラを並べとけばかなりぬるい。逆にミオやアイビィのような、バグを疑うレベルで弱いキャラが複数入っていると地獄。

とりあえずガタイの良い野郎は強く、子どもは弱いことを覚えておけば楽に進めるはず。
現実ではそりゃそうだろうが、ファンタジーで色んなキャラがいるのに夢も希望もないなぁ。

 

他には魔法や英雄コンボなど、消費コストと威力が見合っていない要素が多いのも気になる。
魔法は威力自体は出るものもあるが、消費MPを考えたら物理スキルには全然見合っていない。
(終盤で魔法特化キャラのMPが400ほど。そこそこの威力がある魔法の消費MPは100ほど)

後者は全体攻撃とかはともかく対象が単体のものは、それぞれ普通に攻撃した方が強いのは調整不足だとしか思えない。

 

 

主人公の魅力が皆無

少なくとも戦闘要員は仲間になるキャラ皆、それぞれ魅力的なのに主人公がびっくりするぐらい薄い。

その場に合わせて調子の良いことを言っているようにしか見えないのだが、しかし仲間は常に彼のことを全肯定するし、全幅の信頼を置いている様子に首を傾げてしまう。

そもそも戦っている理由もよく分からない。
(一応説明はあるが描写が薄すぎて、大国を相手にする旗手になるほどの動機は一体どこから?)

 

どこかで「ノアが無味無臭なのは、無言型主人公にする予定だったからじゃないだろうか」という意見を見かけたが、そう考えると確かに納得できるかもしれない。

割と頻繁に挟まる、会話相手の反応が少し変わるだけっぽい選択肢が気になっていたが
昔よくあった、選択肢で主人公の感情を表現するって手法の名残っぽいよね。

いずれにせよ明らかに他のキャラに比べ浮いているので、彼に関してはもう少し作り込んでほしかった。

 

 

その他

・気付きにくいフィールド上での会話

ゲームの進行などに合わせ、しばしば画像のようにイベント外で会話が発生するのだがボイスがない上にここでは表示速度が速く、自動で流れるまでの時間も短いので最初の方のセリフを見逃しがち。モニターのサイズや距離にもよるかもしれないが、視覚的にも目立たないしね。

会話が終わる前に敵と遭遇したり、エリアを移動しちゃうと途切れてしまうのもどうなの。

 

・キャラクターボイスの音量がバラバラ
これは一体何故こんなことに? 違う環境下で収録したりしたのだろうか。

 

・容量が大きすぎてストレージを圧迫する
この内容でインストールに26.4GBも必要。ちなみにスカイリムSEが33.9GB。
ベースが10年以上前の作品とはいえ、尋常ならざるボリュームを持つスカイリムに迫る容量が必要なのは、きちんとデータを圧縮できていないのでは?

※パルワールド、シーオブスターズ、ヤドカリなど自分がインストしている他のインディーズ作品はいずれも一桁GB.

 

タイトルとURLをコピーしました